(1) 天狗の侘び証文(静岡県伊東市)


 
万治元年(1658年)の頃、柏峠に毎夜天狗が出没して悪さをし、旅人を悩ましていた。
そこで、仏現寺(佛現寺)の日安和尚が峠に赴き、7日間祈祷し、満願の日に峠の巨木を伐らせた所、松の梢に巻物が掛かっているのを発見した(空から巻物が落ちてきたとも)。
その巻物に書かれている文字や書体は判読できないが、おそらく天狗の侘び証文であろうと言い伝えられている。

[補足]
・証文は、朝鮮の古文書であるとか、足利時代の僧侶が好んで書いた書風にならって日安上人が自ら書いたものであろうなどの説があるが、未だこれを通読できず、判明していない。
・伊東市内から柏峠へ向かうハイキングコース中に、”馬場の平”と言う所があります。 以前はここに、天狗の詫び状が置かれた場所の目安として小さな石塔があったそうですが、今はありません。
 


<参考文献>
「日本伝説叢書 伊豆の巻」 藤沢衛彦 編、日本伝説叢書刊行会
「伊豆の伝説」 後藤江村 著、国文館
「伊豆伝説集」 後藤江村 著、郷土研究社
「新版 伊豆の伝説」 小山枯柴 編/吉川祐子 現代文訳、羽衣出版
「伊東の民話と伝説 サガミヤ選書1」 宮内卯守 著、サガミヤ
「伊豆・箱根 : 史話と伝説」 戸羽山瀚 著、松尾書店
「伊豆の民話集」 勝呂弘 編、長倉書店
「伊豆むかし話」 風光社
「静岡県史 資料編23 民俗1 第五編」 静岡県


こちらは車が入れる参道
 

仏現寺本堂
 

佛現寺みやげ "天狗詫状 煉羊羹"
本物の詫び状は基本的に非公開ですが、この羊羹の掛け紙の裏側に詫び状の一部がコピーされています
 


(2) 天狗にさらわれた小僧(静岡県伊豆の国市韮山)


 
蔓延元年(1860年)三月、石井一兆と言う子坊が奈古谷の国清寺に泊まっていた。
夜中、厠に行って戻ってくる途中、暗がりから黒い怪物が現れ、一兆を捕え、矢のような速さで空を飛んで行った。 数分後、一兆は広野の中に立っていた。そして「小僧、天狗になれ」と幾人もの声がした。 一兆は「許して下さい。天狗になるのは嫌です」と声を限りに泣き叫んだ。 すると天狗は「臆病者!それなら目をつぶれ。寺へ返してやる」と言った。

その頃、国清寺では一兆がどこにもいないと大騒ぎになっていた。 国清寺の住職は僧侶を集め、祈祷をして神隠しの解けることを祈った。
三日目の真夜中、釈迦堂の屋根の上で「ただ今帰りました」と声がした。 住職が寺男に提灯を持たせて外へ出てみると、屋根の上に一兆が震えて立っていた。

[補足]
一兆は、後に奈古谷高岩院の住職となり、明治44年5月、65歳で亡くなられたそうです。

<参考文献>
「伊豆の伝説」 後藤江村 著、国文館
「伊豆伝説集」 後藤江村 著、郷土研究社
「新版 伊豆の伝説」 小山枯柴 編/吉川祐子 現代文訳、羽衣出版
「伊豆・箱根 : 史話と伝説」 戸羽山瀚 著、松尾書店
「伊豆の民話集」 勝呂弘 編、長倉書店
「静岡県史 資料編23 民俗1 第五編」 静岡県
「韮山村誌」 韮山村 編、韮山町
 

国清寺の敷地内には、立膝で考え事をしている珍しいお地蔵様があります。 明治の頃まで国清寺塔中に風林庵と言うお寺があり、"風林のお地蔵様"として親しまれていたそうです。
 
 

一兆が降ろされた釈迦堂
 

今でも天狗がいそうな大きな木々
 

本堂
 


(3) 天狗碁盤石(静岡県松崎町)


 
旧・中川村大澤里の禰宜之畑の北に、上面が平らで黒白の斑点があって、盤上に碁石を並べたような石があり、天狗の碁盤石と言われている。 この辺に天狗の巣があって、天狗が碁を打った跡と言われている。
 
<参考文献>
「伊豆の伝説」 後藤江村 著、国文館
「伊豆伝説集」 後藤江村 著、郷土研究社
「日本伝説叢書 伊豆の巻」 藤沢衛彦 編、日本伝説叢書刊行会
「増訂豆州志稿」 秋山富南・萩原正平 著、秋山章 纂修、萩原正平 増訂、榮樹堂
「新版 伊豆の伝説」 小山枯柴 編/吉川祐子 現代文訳、羽衣出版
「伊豆・箱根 : 史話と伝説」 戸羽山瀚 著、松尾書店


(4) 天城山の天狗(静岡県伊豆市)


 
昔、天城山には兄弟天狗が棲んでいた。万太郎山には万太郎天狗が、万次郎山には万次郎天狗が、万三郎山には万三郎天狗が棲んでいた。
時々山から出かけては八丁池(青スズの池)で水浴びしていた。 万次郎山のほとりに天狗の土俵場と呼ばれるところがあるが、落葉がまるく踏みつけられて、兄弟が相撲をとっていた土俵の跡と言われている。
 
<参考文献>
「伊豆の伝説」 後藤江村 著、国文館
「伊豆伝説集」 後藤江村 著、郷土研究社
「日本伝説叢書 伊豆の巻」 藤沢衛彦 編、日本伝説叢書刊行会
「新版 伊豆の伝説」 小山枯柴 編/吉川祐子 現代文訳、羽衣出版
「伊東の民話と伝説 サガミヤ選書1」 宮内卯守 著、サガミヤ
「伊豆・箱根 : 史話と伝説」 戸羽山瀚 著、松尾書店
「静岡県史 資料編23 民俗1 第五編」 静岡県


(5) 天狗瀑布(静岡県三島市)


 
旧・錦田村市ノ山新田の北にある瀑布は、昔から天狗滝と呼ばれていて、傍に天狗松と言う古松がある。この松に天狗が棲んでいて、時々、天狗滝に湯浴みにくるので、 村人はなるべく一人ではこの辺りに近づかないようにしていた。
 
<参考文献>
「日本伝説叢書 伊豆の巻」 藤沢衛彦 編、日本伝説叢書刊行会
「増訂豆州志稿」 秋山富南・萩原正平 著、秋山章 纂修、萩原正平 増訂、榮樹堂
「新版 伊豆の伝説」 小山枯柴 編/吉川祐子 現代文訳、羽衣出版
「三島の昔話」 三島市郷土資料館 編、三島市教育委員会
「静岡県史 資料編23 民俗1 第五編」 静岡県