女郎蜘蛛(静岡県伊豆市)


 
浄蓮の滝の近くに住む青木某と言う農夫が、滝の近くの畑を耕していた。
日がやや斜めになった頃、腰を下ろして煙草を取り出した。 その時、一匹のたくましい女郎蜘蛛が彼の足の上にはい上がってきて、一條の太い糸をひいて去った。 蜘蛛は糸をひいては去りを繰り返し、気が付くと無数の糸が足を巻いていた。 彼はその糸を手近な桑の古株に巻き付けた。
そして休憩を終えて立ち上がったその時、嵐のような滝の響きが聞こえ、大地が怪しく揺れたと思うと、桑の古株がめりめりと抜け、滝壺の中に飲み込まれていった。
彼は危うく命を落とすところだった。


それから数年後、一人の樵が滝の古木を伐っていた際、過って鉈を滝壺に落としてしまった。
すると、妖艶な若い女が岩陰から半身を現して、片手に樵の落とした鉈を握っていた。女は「あなたの落とした鉈は返してあげますが、私のことを口外すると命はありませんよ。 私はこの淵の主の女郎蜘蛛…」と言った。
樵は自分の見た怪異について一言も語らないでいたが、ある冬の夜、酒を飲んでいて思わず話してしまった。
その夜、樵は忽然とあの世へ旅立ってしまった。

それ以来、里人は女郎蜘蛛の精に怖れを感じて、決して滝に近づかなかったと言う。



<参考文献>
「伊豆の伝説」 後藤江村 著、国文館
「伊豆伝説集」 後藤江村 著、郷土研究社
「新版 伊豆の伝説」 小山枯柴 編/吉川祐子 現代文訳、羽衣出版
「伊豆・箱根 : 史話と伝説」 戸羽山瀚 著、松尾書店
「伊豆の民話集」 勝呂弘 編、長倉書店
「伊豆むかし話」 風光社
「静岡県史 資料編23 民俗1 第五編」 静岡県



© あいはらせと


浄蓮の滝
 

遊歩道入口にある説明板
 

浄蓮の滝資料館にいる女郎蜘蛛
 

浄蓮の滝資料館にも伝承が”