イナブラさん(静岡県熱海市)


 
熱海市下多賀あたりの伝承。
ナライシブタ(晩秋から初冬にかけて海上から吹きつける冷たい風雨)の吹く頃、神社下の御浜付近を通ると、稲叢のようなものがやってきて、 人に覆いかぶさる。逃げると追ってきて、立ち止まるとむこうも立ち止まる。
また、下多賀の長浜の二ツ根のあたりへ夜磯(夜に磯物を取りに行くこと)に行くと、稲叢のような恰好したものが被さるようにやってきた。
イナブラさんに被さられた人は、死骸も残らないと言う。
 
場所によっては、スマブクロ(稲を脱穀したスマを入れる南京袋)とも言われていた。

 
 ©ruico/クレインエイト

<参考文献>
「民間伝承 45巻2号 伊豆の妖怪譚」 木村博 著、六人社
「静岡県史 資料編23 民俗1 第五編」 静岡県


=下多賀神社=
境内内にある御神木のホルトの木(推定樹齢800年)


裏手にある夫婦石。
左側の石を蛙石と呼び、石を揺すって雨乞いをしたそうです。
反対に晴天を祈願する時は、右側の石を揺すったとのこと。
二つの石は、形状から男性女性を象徴しており若い、夫婦がこの石を撫でながら子宝を祈願したと言われています。


下多賀神社の特殊祭事
 
・水浴びせ踊り(国指定無形民俗文化財)
毎年1/2、前年に結婚した若者の前途を祝福して、元服を迎えた若衆が踊り唄いながら海水を笹で振り掛ける行事。
 
・鹿島踊り(熱海市指定無形民俗文化財)
例大祭に、氏子若衆が奉納する踊りで、江戸時代より踊り継がれている。


 
下多賀神社を訪れる
 

 
境内から海が望めます


イナブラさんグッズを買う

 
熱海駅前商店街にある丸高名産店で販売中!