猫南瓜(静岡県南伊豆町)


 
4月の末頃になると、伊豆の子浦には鰹釣りをするために近隣から多くの漁船がやってくる。
その船主も毎年やってきて、決まった漁師の家に泊まっていた。
 
ある朝、漁師が下女を叱っていた。聞くと下女が盗み食いをしたと言う。下女は黙って泣いているだけだった。
その次の日の朝も、また盗み食いしたと言うので漁師が下女に怒鳴っていた。
その夜、船主がふと目を覚ますと勝手の方で不思議な音を聞いた。 さては下女が盗み食いをしているのだなと覗いてみると、一匹の古猫が皿の魚を食っていた。
次の朝、また漁師が怒鳴っていたので船主が、盗み食いをしていたのは古猫だと教えた。 すると今までうずくまっていた古猫は、立ち上がり、船主を睨んで縁の下へもぐってしまった。
 
古猫の目にぞっとした船主は、その日は船に泊まった。 その夜中、古猫が船にまでやってきて、船主の喉笛を狙って飛びかかってきた。 間一髪船主は身をかわし、若い漁夫が棒で古猫の頭を打ち砕いた。
古猫の死骸は、漁師の家の畑の隅に埋めた。
 
その翌年。その船主がまたやってきた。 漁師の妻が用意した食事をみると、この時期では珍しい南瓜があった。 船主は南瓜が大好物で喜んで食べようとしたが、少し早すぎると思ってどこでとれた南瓜か尋ねると、畑の隅に一つだけできていて、早生りで珍しいので今日とったとのこと。
去年そのあたりに猫を埋めたことを思い出し、漁師と二人畑に行き、土を掘り起こしてみると去年埋めた猫の死骸が生々しくそこに残っていて、真っ赤に開いた口から南瓜の蔓が出ていた。
船主は危うく二度目の命拾いをしたことを喜んだが、再びその港には寄り付かなかった。

<参考文献>
「伊豆の伝説」 後藤江村 著、国文館
「伊豆伝説集」 後藤江村 著、郷土研究社
「新版 伊豆の伝説」 小山枯柴 編/吉川祐子 現代文訳、羽衣出版
「伊豆・箱根 : 史話と伝説」 戸羽山瀚 著、松尾書店
「伊豆の民話集」 勝呂弘 編、長倉書店
「伊豆むかし話」 風光社



© まいたけ