所沢市 所沢市公式HP所沢市観光協会公式HP

ゆり園 in 所沢

ゆり園

西武ドームのすぐ隣にあって、初夏には、約3万m2の狭山丘陵の地形をそのまま生かした園内に、色とりどりのすかしゆりやハイブリッドなど50種類・約45万株のゆりが咲き乱れます。
園内売店では、「ゆり根の天ぷら」なども食べることができます。

所沢航空発祥記念館   所沢航空発祥記念館オフィシャルサイト

1911年4月1日、わが国最初の飛行場が作られたのが所沢で、日本の航空技術の発達に多大な貢献をし、「日本の航空発祥の地」とされています。 現在、飛行場跡地は、県営所沢航空記念公園となっています。
そして平成5年、埼玉県立所沢航空発祥記念館が開館。航空機に関する展示館,フライトシミュレータ,大型映像館など、大人から子供まで楽しめ、航空発祥の地・所沢を広くアピールする施設となっています。

武蔵野うどん

稲作に適さない関東ローム層からなる武蔵野台地では、米より小麦がよくとれていたため、昔から行事などで、小麦粉(地粉)で打ったうどんが出されていました。武蔵野うどんの特徴はコシが強いことで、今でも、この地域には多くのうどん屋さんがあり、讃岐に引けを取らないうどんのまちとなっています。

サツマイモ始作地の碑   関連ページ:川越市三芳町

埼玉県でサツマイモと言えば川越ですが、その始まりは所沢市南永井で、そこには「さつまいも始作地の碑」があります。
1751年、所沢市南永井の名主・吉田弥右衛門が、長男・弥左衛門に上総国志井津村(現在の千葉県市原市)まで芋の種を買いに行かせ、栽培したのが始まりで、 以後、栽培が周辺に広がっていきました。武蔵野の台地がサツマイモに最適であったことから、おいしいサツマイモが生産され、川越の新河岸川から舟運で江戸に運ばれました。 そして、「天保時代名物競」に ”サツマイモといえば川越”と記されるほど有名となったのです。

だんご

江戸時代、水田に合わない所沢の土壌で作られたのが、畑でできる硬質米の陸稲(おかぼ)。 陸稲のご飯は冷めると硬くてボロボロになり、おいしくなくなってしまう。そこで、おいしい食べ方として、粉にして焼きだんごにすることが広まっていったと言われています。


所沢市イメージマスコット「トコろん」
シール


西武鉄道バージョン
ゲゲゲの行き先表示おやじ
−急行・池袋行き編−


© 水木プロダクション