狭山市 狭山市公式HP

入間川七夕まつり

江戸時代の中頃から行われていると言う古い歴史を持つお祭りで、関東三大七夕まつりの一つ。 狭山市駅西口から七夕通り商店街を中心に約1.5kmの沿道に、百数十本の竹飾りが立てられます。


狭山茶   関連ページ:入間市

日本三大銘茶の一つ。 川越で栽培されたのが始まりで、狭山丘陵地帯で栽培が盛んとなり、産地が広まっていきました。 現在では、埼玉県で生産されるお茶の総称のようになっています。
冬の涼しい気候に負けない茶の木をつくる品種改良の努力と、「狭山火入」と称する独特な仕上茶の火入法によって、甘く濃厚な味が生まれました。その味の良さは「色の静岡、香りの宇治、味の狭山」と謳われるほどです。


埼玉バージョン
ゲゲゲの狭山お茶おやじ


©水木プロダクション