嵐山町 嵐山町公式HP


  鬼鎮神社

鬼鎮神社

全国でも珍しい、鬼を守護神として祀った神社。 2月3日に行われる節分祭では、豆まきの掛け声は「福は内、鬼は内、悪魔外」と言い、赤鬼と青鬼も白装束で登場するそうです。
鬼を祀ったのは、畠山重忠が菅谷城を築城する際に、鬼門除けのためと言われていますが、鍛冶屋の鬼の伝説も伝承されています。

嵐山渓谷

京都の嵐山に似ていることから「武蔵嵐山」と名付けられたほど、槻川や周囲の木々の美しい、紅葉の名所。

埼玉県立嵐山史跡の博物館/菅谷館跡

源頼朝に仕えた武蔵武士・畠山重忠ゆかりの比企城館跡群・菅谷館跡(土塁や堀など中世城郭の面影が残っている約13万m2国指定史跡)にあり、 畠山重忠に関する資料や出土した資料が展示されています。 また、史跡公園として花や鳥も楽しめ、特にヤマユリのスポットとして有名です。
  © くれいんえいと

オオムラサキの森

広さ約1.8m2 の国蝶・オオムラサキが棲む雑木林で、敷地内には蝶の標本や資料を展示するオオムラサキの森活動センターがあり、7月下旬には観察会も開かれます。 隣接する「蝶の里公園」では約70種の蝶を、「ホタルの里」ではホタルやトンボを観察することができます。  


鬼鎮神社
金棒のお守りと赤鬼青鬼の絵馬

 
鬼鎮神社バージョン
ゲゲゲの鬼伝説おやじ

© 水木プロダクション