小川町 小川町公式HP小川町商工会公式HP

  埼玉の伝統的手工芸品 in 小川町

埼玉伝統工芸会館   埼玉伝統工芸会館公式サイト

小川和紙など県内30品目の埼玉県指定伝統的手工芸品が全て展示されています。 また、手すき和紙の技を実演で見ることができる和紙工房や、伝統的手工芸品の製作過程を見れる映像展示室などもあります。
   © くれいんえいと

小川町七夕まつり    小川町七夕まつり公式サイト

昭和24年に始まった小川町の一大イベント。特産の和紙を使った七夕飾り,屋台囃子,よさこい踊り,約2,000発の花火が打ち上げられる花火大会など見所満載です。


小川和紙   小川和紙Net 公式サイト

原料となる楮が原生し、槻川や兜川の清流に恵まれていたため、1,300年も前から和紙作りが行なわれています。中でも楮(こうぞ)だけを使用した「細川紙」の製造技術は、国重要無形文化財の指定を受けており、 また、ユネスコ無形文化遺産にも登録されています。

カタクリとオオムラサキの林

仙元山の麓にあって、時期になると枝垂桜(3月下旬)やカタクリ(3月下旬〜4月上旬),ニリンソウ(4月上旬〜4月中旬)を見ることができます。 また、7月上旬には国蝶であるオオムラサキの放蝶会が行われます。 敷地内には展示館兼休憩所があり、オオムラサキや昆虫が展示されています。

のらぼう菜

江戸時代、代官が旧都幾川村大野集落の農民に種と指南書を渡したのがきっかけで栽培されるようになり、天明・天保の大飢饉を救った野菜として有名になった伝統野菜です。
その名称は、野良に生えていた「野良生え」が変化したとか、年貢を逃れようとした農民が「野良にボーッと生えていて役にも立たない」と役人をごまかした所から付けられたと言った説があります。
現在でも、小川町、ときがわ町、嵐山町、東秩父村など比企地方で栽培が行われています。