川越市 川越市公式HP

  川越城&三芳野神社

時の鐘

高さ約16mの三層構造の塔。環境庁の残したい「日本の音風景百選」にも選ばれている、市指定文化財で、小江戸・川越のシンボル。
江戸時代、川越城主・酒井忠勝が建てさせたものが最初で、現在の鐘楼は、1893年の川越大火の翌年に再建されたものだそうです。
今でも1日に4回(午前6時・正午・午後3時・午後6時)に鐘の音を響かせています。
櫓の下には、目の病に効く薬師堂があります。


川越いも   関連ページ:三芳町所沢市

川越といえば”サツマイモ”と言われるくらい有名ですが、実は、埼玉県内のサツマイモ栽培の始まりは所沢市の南永井。そこには「さつまいも始作地の碑」があります。
1751年に名主・吉田弥右衛門が、長男・弥左衛門に上総国志井津村(現在の千葉県市原市)まで、芋の種を買いに行かせ、栽培を始めたそうです。武蔵野の台地がサツマイモに最適であったことから、おいしいサツマイモが生産され、川越の新河岸川から舟運で江戸に運ばれました。
「天保時代名物競」には”サツマイモといえば川越”と記されたほどで、川越いもを代表する品種「紅赤」は”サツマイモの女王””幻のいも” などと言われています。
また、日本橋から川越札の辻まで十三里であることから、「川越甘藷は、栗よりうまい十三里(九里と四里で十三里)」と言う文句まで作られました。
現在の生産量はそれほどではありませんが、サツマイモを使った様々な”芋菓子”が生み出され、今なお、サツマイモのまちとして観光客が絶えません。

いも供養   関連ページ:三芳町所沢市

戦後、サツマイモの生産量が減り、いもの街・川越の面影がなくなった状況を復興させた「川越いも友の会」が、川越さつまいも地蔵が祀られている妙善寺で毎年10月13日に行っています。 10月13日は、サツマイモの旬が10月であり、また、川越が江戸から13里の距離にあって「栗(九里)より(四里)うまい十三里(9+4=13)」という言いまわしがあったことから、それにかけて「さつまいもの日」と定められています。
© くれいんえいと


うなぎ

牛や豚などの獣肉類を食すことが禁じられていた江戸時代、海のないこの地域で生活していた人々は、入間川や荒川で獲れる鰻や鯉などの魚をタンパク源としていました。醤油醸造に適した気候でもあり、その醤油ダレを使った蒲焼は特に好評で、うなぎ料理店の数も増えていきました。
今では、地元産の鰻はありませんが、歴史あるお店は健在で、川越の名物の一つであり続けています。

太麺焼きそば  

太麺をキャベツと一緒にソースで焼いた焼きそばで、駄菓子屋などでも食べられる素朴な地元の味。全国紙のご当地焼きそばランキング6位と、実力も折り紙つき。

川越まつり

川越城主・松平伊豆守信綱が氷川神社に祭礼用具を寄進したことが始まりとされ、350年以上受け継がれてきたお祭り。 国重要無形民俗文化財に指定されています。
趣向を凝らした山車もさることながら、山車どうしが出会うと回り舞台を互いに向き合わせ、囃子を披露しあう「曳っかわせ」は、祭り最大の見所。

新河岸川観光舟運 関連ページ:ふじみ野市

江戸時代初期から、人や物資を運び、江戸と川越を結びつけていた新河岸川舟運。 それを観光に生かそうと、春・秋に試験的に行っているのが観光舟運です。

川越バージョン
ゲゲゲの時の鐘おやじ

 
ゲゲゲのうな重おやじ

 
©水木プロダクション