入間市 入間市公式HP


狭山茶   関連ページ:狭山市

日本三大銘茶の一つ。 川越で栽培されたのが始まりで、狭山丘陵地帯で栽培が盛んとなり、産地が広まっていきました。 現在では、埼玉県で生産されるお茶の総称のようになっており、生産量が最も多いのは入間市です。
冬の涼しい気候に負けない茶の木をつくる品種改良の努力と、「狭山火入」と称する独特な仕上茶の火入法によって、甘く濃厚な味が生まれました。その味の良さは「色の静岡、香りの宇治、味の狭山」と謳われるほどです。

さいたま緑の森博物館

「となりのトトロ」の舞台となった狭山丘陵の雑木林や湿地など、自然をそのまま野外展示物とした博物館。 敷地内には、2,500種類以上の植物や、オオタカをはじめとする鳥たちが生息しています。

入間万燈まつり

社寺で行われていたお祭りの時、門に万燈を飾って家内安全・健康などを祈願していたことから名付けられた、10月に行われる入間市最大のイベント。 万燈囃子や万燈踊りなどオリジナリティが見られます。



ゲゲゲの狭山お茶おやじ


©水木プロダクション