日高市 日高市公式HP

  巾着田の曼珠沙華まつり2009 in 日高市

巾着田

蛇行した高麗川に囲まれたエリアで、巾着の形に似ていることから名付けられた俗称。 曼珠沙華(彼岸花)群生地として有名な場所で、秋にはまるで赤い絨毯を敷き詰めたように一面が真紅に染まります。 その他にも、菜の花やコスモス,桜など様々な花を見ることができます。
また、「あいあい橋」と名付けられた高麗川にかかる歩行者専用橋は、木製トラス構造の橋としては日本一の長さ(91.2m)を誇ります。

高麗神社/高麗鍋  

奈良時代初めに、東国在住の高句麗の王族らが、現在の日高市に移され高麗郡(こまごおり)が置かれました。 その首長として赴任した高麗王若光(こまのこきしじゃっこう)が没した後、高麗郡民はその徳を偲び、御霊を「高麗明神」として祀ったのが高麗神社で、若光の子孫が代々宮司を務めています。韓流ブームの影響もあり、今では年間約40万人の参拝があるそうです。
高麗鍋は、2016年の高麗郡「建郡1300年」を迎えるにあたって、「高麗郷's」のメンバーにより創作された、日高産の野菜や高麗人参を入れたキムチ鍋で、埼玉B級グルメ王決定戦の常連でもあります。2009年から、高麗神社で「高麗鍋コンテスト」も開催しています。

高麗川マロン

養蚕が盛んだった日高市の高麗・高麗川地区において、養蚕の低迷に伴って始まったのが栗栽培でした。 栗栽培は拡大し、平成18年の生産量は全国8位。
昭和63年には、品質の向上などの研究を目的として「高麗川マロン研究会」が発足。同時に、大きさが2L以上などの基準をクリアした高品質な栗を「高麗川マロン」と名付け、ブランド化しました。





日高バージョン
ゲゲゲの曼珠沙華おやじ

© 水木プロダクション