飯能市 飯能市公式HP

西川材

スギ・ヒノキの育成に適している秩父古生層からなる褐色森林土の地域である、飯能市・日高市・毛呂山町・越生町から産出された優良木材。 江戸時代、高麗川・名栗川(入間川の上流)・越辺川の流域から、木材を筏で江戸まで流送していたことから、「江戸の西から送られてくる木材」と言うことで西川材と呼ばれるようになりました。


白雲山 鳥居観音      「白雲山 鳥居観音」公式HP

山頂の救世大観音をシンボルとする名栗地区にある霊地ですが、春のツツジ、秋のカエデなど、一年を通して花々を楽しめる観光名所となっています。ここにある仏像や建築物のほとんどは、開祖・平沼彌太郎氏が30年以上もの歳月をかけて自ら築かれたもので、西遊記で知られる玄奘三蔵法師の霊骨が祀られている玄奘三蔵塔もあります。

味噌付けまんじゅう  

こしあん入りの酒まんじゅうを串に刺して焼き、焦げ目が付いたところで甘い味噌ダレを付けたまんじゅう。 江戸時代、西川材を筏で運ぶ職人さん達が弁当としてを持っていったもので、味噌だれは、夏場でもまんじゅうが腐らないようにと付けたのが始まり。