富士見市 富士見市公式HP

難波田城公園 難波田城公園(富士見市公式HP内)

南北朝時代に難波田高範が築城した難波田城の城館跡(昭和36年埼玉県旧跡に指定)を、保存かつ活用する目的で平成12年6月にオープンした公園。
園内には、難波田城資料館,難波田城を復元した城跡ゾーン,古民家を移築復原した古民家ゾーンがあります。 城郭ゾーンの水堀には、花菖蒲や水蓮が植栽され、古民家ゾーンには、地元の農産物や記念品が販売されている地域交流施設「ちょっ蔵」も併設されています。
イメージキャラクター「なんばった」は、「ご当地キャラクターず」でも紹介。


水子貝塚

昭和44年、国の史跡に指定された縄文時代前期を代表する貝塚で、現在では、発見された遺跡を保存するために整備されて水子貝塚公園となっています。 園内には、5軒の竪穴住居など縄文時代当時のムラと、ムラを囲んでいたクリやクヌギ,オニグルミなどの縄文の森が復元されています。 貝塚資料館や貝塚展示館もあります。

山崎公園(せせらぎ菖蒲園)

市制施行20周年記念事業として整備された公園。約180mのせせらぎが流れる園内には、約1,000m2の菖蒲田があり、6月中旬頃には、 江戸系・肥後系・伊勢系・外国系の約60種5,000株の花菖蒲が見頃を迎えます。

コロボックルの碑(貝塚稲荷旧跡碑)

アイヌの伝説に出てくる先住民コロボックルが、縄文土器や石器を残したと言う説がとなえられていた明治時代、東京帝国大学の学士十数名が貝塚山から採集された土器や石器を見て「いにしえのコロボックルが残したものである」と説明。 その三年後、稲荷神社跡地を開墾したところ、古墳時代の人骨と鉄刀が発見され、人骨を神社に改葬し、鉄刀を帝室博物館に寄贈しました。その顛末を記念して建てられたのがこの石碑で、日本人起源説の論争を物語るものとして、市指定文化財となっています。


富士見市マスコットキャラクター
「ふわっぴー」
シール


難波田城公園イメージキャラクター
「なんばった」