天神通り商店街/鬼太郎茶屋(東京都調布市)

水木しげる先生は、1959年(昭和34年)から調布市に住んで活動をされていて、その多大な貢献が認められ2008年(平成20年)3月に調布市名誉市民に選ばれました。
そんな調布市には妖怪好きにはたまらないスポットがいくつかあります。
調布駅北口の『天神通り商店街』には、鬼太郎やねずみ男などの妖怪モニュメントがあります。
同じく駅北口に、2010年5月にオープンした『調布市観光案内所 ぬくもりステーション』には、鬼太郎グッズも販売されていて、期間限定で鬼太郎特別住民票も交付されています。
また、深大寺まで足を延ばすと『鬼太郎茶屋深大寺店』があります。ここには、たくさんの鬼太郎グッズが販売されているだけでなく、「目玉おやじの栗ぜんざい」や「ぬりかべのみそおでん」,「一反もめんの刺身こんにゃく」と言った妖怪メニューを食すこともできます。
都内近郊の方で、境港までは行けないと言う方にはお勧めのまちです。

街路灯の鬼太郎

ベンチのねずみ男

切り株に座る塗り壁

鬼太郎茶屋

屋根におとろし

みそおでん


妖怪ストリート[一条通り](京都府上京区)   公式サイト

一条通りが付喪神たちの百鬼夜行のコースであったことから、2005年に大将軍商店街が「妖怪ストリート」としてまちおこしを行っています。
リアル百鬼夜行のイベントを開催したり、百鬼夜行Tシャツや妖怪ラーメン,妖怪コロッケなど各店舗で商品を展開している他、「百鬼夜行絵巻」の模写画のある百鬼夜行資料館もあります。


物怪プロジェクト(広島県三次市)   公式サイト

江戸時代中期、三次に住んでいた少年・稲生平太郎が、一ヶ月間にわたって出現し続けた物怪や妖怪達に耐え抜いたと言う「稲生物怪物語」を元に、まちおこしをしようと1999年1月に発足したプロジェクト。2006年には第11回世界妖怪会議も行われ、今では平太郎グッズも販売されています。


山城・大歩危妖怪村(徳島県三好市山城町)  公式サイト  参考HP

こなき爺のふるさととして、2001年に伝承の残る藤川谷に児啼爺の石像が建立されて以来、妖怪でまちおこしが展開されています。道の駅大歩危は、1階が妖怪屋敷となっていて、手作りの妖怪モニュメントが並び、妖怪グッズも販売されています。 また、児啼爺の石像までの道中には、同じく伝承が残る妖怪達の木像があり、楽しみながら散策できるコースとなっています。
レストランまんなかでは「妖怪づくし ひとつ目丼」なるメニューもあります。


水木しげるロード(鳥取県境港市) 境港市観光協会公式サイト

1993年 商店街の活性化として、地元出身の漫画家・水木しげる先生の描く妖怪のブロンズ像23体を設置したのがはじまり。その後、ブロンズ像の数も増え、「水木しげる記念館」や「妖怪神社」,「ゲゲゲの妖怪楽園」などの施設も充実し、 「境港妖怪検定」や「妖怪そっくりコンテスト」など様々なイベントも開催。 2005年にはJR境線の全16駅が妖怪駅名とる妖怪路線化が完成。 2006年には境港と隠岐を結ぶ鬼太郎フェリーの就航が開始(隠岐にも妖怪ブロンズ像があります)。 今や、日本における"妖怪の聖地"として人気の観光スポットになっています。



愛知おもてなし妖怪隊(愛知県) 公式サイト

「妖怪で街おこし」とは違い、「都市」で「妖怪おこし」をしようというユニークな試み。
一般的に認知度の低い愛知の妖怪たちの伝承やイラストが多数掲載されているサイトです。



八日市は妖怪地(滋賀県東近江市)

2002年に「八日市は妖怪地」と言うテーマで、妖怪によるまちおこしを開始、2004年には第9回世界妖怪会議も行われました。 節分の時期には、地元に伝わる妖怪ガオが街中を徘徊します。
他にも、肝試しや仮装パレードなどのイベントを催したり、妖怪オブジェを作製したりしてまちをPRしています。



臼杵ミワリークラブ(大分県臼杵)

地元に伝わる妖怪を通して、町並み・歴史景観の保存,豊かな自然・環境の保護,世代を超えた交流,青少年想像力育成をめざし、また、観光およびまちの活性化を目的として活動しています。
名称は「薄気味悪い」にかけたもの。