天狗伝説
天狗隠し…突然何処かへ連れ去られてしまう
天狗倒し…夜中に木を伐る音や木が倒れる音がしたので翌朝そこへ行ってみると何も起きていない
天狗の提灯…誰もいない夜道でいきなり灯りがついた
など
天狗の仕業とおぼしき怪異が、飯能市や小鹿野町(両神山など),ときがわ町(慈光山、多武峰神社など)を中心に、埼玉県内には多く伝えられています。 詳しくは、参考文献をお読み下さい。


 

 
自然に恵まれた奥武蔵・飯能には、多くの天狗伝説が残っています。以下は、飯能市郷土館発行の「飯能市郷土館研究紀要第4号」に掲載されている「飯能市域に残された天狗の伝説について 村上達哉著」から抜粋した話です。

その一、
昔、茂十と言う人が夜中に女の子を連れて子の山に登った。あいにくその夜は月がなく真っ暗だったため、茂十は冗談で「山の天狗さん提灯をつけてくれ」と言ったところ、子の山から付近の尾根上に次々と灯が点いてきて昼のような明るさになった。恐ろしさに肝をつぶし、転がるように山を逃げて下ってきたと言う。

そのニ、
名栗の常次郎が実家へ行った帰り、夜道になって豆口峠の上に来た。すると見上げるように大きな坊さんがいて、ついてこいと言うので行くと、岩上に立って向こうの山まで飛んでみろと命令された。常次郎は、もし飛ばなくてもどうせ殺されるかもしれないので、死んだ気になって飛んでみると、鳥のように軽々と飛べる。そうして彼は大坊主と一緒に一晩中あちこちの山を飛び歩き、夜が明けて気がついた時にはぐったりと疲れて、もとの豆口峠の上にいたと言う。

その三、
昔、二宮と言う人が愛宕山(現在の天覧山)に仮小屋を建てて熱心に修行に励んでいた。そのうち、天狗がかまってみたくなったのか、ドスンドスンと大木を切り倒す音を立てたり、すぐ耳元でゲラゲラ笑ったり、囲炉裏に掛けてある鍋を持ち上げてドスンと落としたりした。
多くの修行を積んでいる二宮さんは、すぐに天狗によるものだとわかった。そこでわざと気づかぬふりをして、「どれ、今夜は冷えるから少し温めようか」と独り言を言い、杉の枝に折り火にくべるように見せかけると、杉の枝でここぞと思うあたりを突いた。すると、杉の枝はちょうど天狗の羽根団扇を突いたため、驚いた天狗は思わず団扇を落としてしまい、その途端天狗の姿が現れた。天狗は大慌てで団扇を拾うとどこへともなく飛んでいってしまった・そして二度と姿をみせることはなかった。

その四、
昔、名栗村の米八と言う人が、金比羅尾根でうずめ肥にするために草を刈っていたが、夢中になるあまり気づくと辺りはすっかり暗くなっていた。これはこまったとため息をつくと、不思議にも金比羅神社の上に大きな高張提灯がついた。米八はきっと山の天狗が助けてくれたのだと、その明かりをたよりに山を降りた。やがて家の前に着いたので「天狗さん家に帰ったからありがとう」と怒鳴ると、山の上の提灯は消えてなくなったと言う。

その五、
名栗の河又にあるコウモリ穴と呼ばれる鍾乳洞(現在の尾須沢鍾乳洞・コウモリ岩)には、穴が二つあって、一方の内部には地蔵様が祀られており、コウモリがたくさんいた。ある夜、平九郎と言う人がこのコウモリ穴の近くへネトリブチ(夜寝ている山鳥を撃ちに行くこと)に出かけた。平九郎は四,五羽の獲物があったが、さらに探していると、突然、穴の中でオホホと笑うものがあるので君が悪くなって逃げ帰ってきた。家について獲物をみると、どれも皮と羽根ばかりになっていた。それからは逢う人毎に、「コウモリ穴には怪しい天狗がいるから、そこにだけはネトリブチに行くな」と注意して歩いていたと言う。
 


 
伝説地をハイキングする
ハイキングコースの詳細については、飯能市観光案内所や飯能市観光協会へお問い合わせ下さい。

(1)子の山・豆口峠をハイキング[約9.5km
吾野駅 
(2分)
法光寺:パワースポットの岩殿観音
(1.3km)
東郷公園:紅葉狩りのスポット
(1.9km)
浅見茶屋:手打ちうどんを味わえます
(1.8km)
子の権現:天狗伝説スポット
(1.8km)
豆口峠:天狗伝説スポット
(1.1km)
竹寺:精進料理も味わえます
(1.6km)
小殿バス停

(2)金比羅神社跡を訪れる[約7.2km
さわらびの湯→金比羅神社跡→小ヨケの滝→大ヨケの滝→名栗カヌー工房→さわらびの湯

(3)天覧山をハイキング
桜や紅葉の名所でもある天覧山へは、飯能駅から約25分,東飯能駅から約30分。
出発点と最高点との標高差が100mなく、山頂へは15〜20分程度と、比較的気軽に散策できるコースです。
麓には、有名な池泉鑑賞蓬莱庭園がある「能仁寺」や「飯能市郷土館」があります。


名栗温泉で癒される
奥武蔵野の自然に囲まれた温泉旅館・大松閣 がお勧め!
展望風呂が5階にあり、散策して疲れた体だけでなく、心も癒されます。


B級グルメ「飯能すいーとん」を食らう
様々な具材を包み込んだ飯能ならではの”すいとん”。食べられるお店については、飯能市観光協会公式HP をご覧ください




 

 
さいたま市岩槻区にある武蔵第六天神社では、御使役として、天狗様が願いを叶える仲立ちをされています。


また、社殿には、大天狗・烏天狗が宿り、奉拝者に御神徳を授けたとされる御神木があり、御神木をさすってから身体の悪い箇所をさすると、病が治ると言われています。


この御神木の杉の木は、天狗がかつて昼寝をしていた木と言われています。


 
天狗様のねつけ
 
絵馬やお守りなど天狗様に関するものがいろいろあります


天狗羊羹を買う
 
神社近くの岩戸屋で販売
 
ほど良い甘さの妖怪スイーツ
 
お土産に最適です



 
  
 
武蔵第六天神社:
 東武野田線岩槻駅より
 アサヒバス「水上公園」行きで「巻の上」下車、徒歩10分


天狗が関与する祭り
 
木魂神社例大祭(津谷木のお天狗様)
小鹿野町下小鹿野津谷木の木魂神社で毎年5/3に行われる例大祭で、歌舞伎が上演されます。 木魂神社は、この山のお天狗様から剣術の奥義を授かった武芸者がお礼に造ったとされ、大火事の時にお天狗様が火を消してくれたと言う伝説もあります。
詳しくは、小鹿野両神観光協会公式サイトをご覧下さい。


白久のテンゴウ祭り(原の天狗まつり)
秩父市荒川白久(原区)で11月に開催される、天狗様に一年の安泰を祈願する火祭り。この地区の小中学生が中心になって行われるもので、事前に木や竹や桧の葉を集めて天狗小屋(櫓)を立て、その頂上に天狗の枕(依代)を納め、祭神である天狗様を迎える準備をします。そして当日、天狗小屋に火を入れると、寒空に勢いよく火柱が立ち上がります。 (残念ながら平成24年から中止になるようです)




<参考文献>
「埼玉民俗 第29号」−伝説に見る埼玉の天狗像− 高橋成・著、埼玉民俗の会 著編/出版
「埼玉県伝説集成 分類と解説 下巻/別巻」 韮塚一三郎 編、北辰図書
「飯能市郷土館研究紀要 第4号」−飯能市域に残された天狗の伝説について− 村上達哉・著、飯能市郷土館
「岩槻市史 民俗史料編」 岩槻市市史編さん室 編、岩槻市
「都幾川村史 民俗編」 都幾川村史編さん委員会 編、都幾川村
「滑川村史 民俗編」 滑川村役場企画財政課 編、滑川村役場
「神泉村誌 民俗編」 神泉村教育委員会 編、神泉村
「小川町の歴史 別編 民俗編」 小川町 編/出版
「狭山市史 民俗編」 狭山市 編/出版
「秩父の伝説と方言」 秩父市教育委員会 編/出版
「日高町史調査報告 第3集 民俗T」 日高町史編さん委員会、日高町教育委員会
「鳩山町史 別巻 鳩山の民俗」 鳩山町史編集委員会 編、鳩山町
「越生叢書 おごせの昔話と伝説」 越生町教育委員会・共立女子大学日本民話研究会 共編、越生町教育委員会
「毛呂山民俗誌 Vol.1 特集:不思議なはなし」 毛呂山町教育委員会
「伊奈町史 民俗編」 伊奈町教育委員会 編、伊奈町
「浦和市史 民俗編」 浦和市総務部市史編さん室 編、浦和市
「草加市史 民俗編」 草加市史編さん委員会 編、草加市
「坂戸市史 民俗資料編」 坂戸市教育委員会 編、坂戸市
「上福岡市史 資料編第5巻 民俗」 上福岡市教育委員会 編、上福岡市
「所沢市史 民俗」 所沢市史編纂委員会 編、所沢市
「日本の伝説18 埼玉の伝説」 早船ちよ・諸田森二 著、角川書店