おいてけ堀(置行堀) 宮代町、川越市、越谷市


 
本所七不思議の一つとして有名なおいてけ堀。
同様な話が埼玉にもあって、『宮代町史』や『川越地方郷土研究』などで紹介されています。

昔、宮代町にある身代神社そばの身代池は、魚釣りをするとよく釣れる場所だった。しかし、帰ろうとすると池の中から「オイテケ、オイテケ」と言う声がして、皆恐ろしくて置いて逃げ帰ったと言う。

昔、小畔川で魚を釣るとたくさん釣れる堀があった(川越市吉田とされています)。しかし、いざ帰ろうとすると、どこからともなく「オイテケ、オイテケ」と声がする。その声は釣った魚を全部返すまで続いたと言う。

越谷市東方の久伊豆神社と見田方の八坂神社の間にある内池では、夕方になると池のあたりから「オイテケ、オイテケ」と言う声が聞こえたと言う。


「置行堀」の怪異は、川や池沼などの主の仕業とも考えられています。
主と言えば、昭和35年、体長約90cm,体重約14kgのレンギョが寄居町で捕まえられた所、池の主だろうと、雨乞を兼ねて供養したそうです。




 
身代池を訪れる
夏にはハスが楽しめ、冬には野鳥がやってくる観光スポット

身代神社を訪れる
身代池の横にある身代神社は、宮代町の町名の由来にもなっている由緒ある神社です(姫宮神社の「宮」と身代神社の「代」をとって宮代町)。
身代は「このしろ」と読みますがその由来は次の通りです。
追っ手に捕えられそうになった姫がいた。そこで村人はコノシロと言う魚を焼いた。この臭いは人を焼いた時の臭いと同じで、これによって追っ手に姫が死んだと思わせることに成功。姫は感謝し、身代神社を祀ったと言う。

みやしろ餃子を食らう
地元産の野菜を中心に具だくさんのおいしい餃子。棒餃子もあります。
取扱店MAPは、宮代町商工会公式HPをご覧下さい。
 



 
  
身代池:
 東武伊勢崎線東武動物公園駅より徒歩約15分
 






<参考文献>
「宮代町史」 宮代町教育委員会 編、宮代町
「川越地方郷土研究」 埼玉縣立川越高等女学校校友會郷土研究室 著/出版
「川越市史 民俗編」 川越市総務部市史編纂室 編、川越市
「名細郷土誌」 名細郷土誌編集委員会 編、川越市自治会連合会名細支会
「川越の民話と伝説」 新井博 著、有峰書店新社
「越谷市の史蹟と伝説」 越谷市教育委員会・越谷市文化財調査委員会 共編、越谷市教育委員会
「埼玉県伝説集成 分類と解説 下巻」 韮塚一三郎 編、北辰図書
「定本柳田國男集 第4巻」 柳田國男 著、筑摩書房
「図説 日本妖怪大全」 水木しげる 著、講談社
「日本怪談集 妖怪篇」 今野圓輔 編、現代教養文庫