柳田國男の『遠野物語・山の人生』にも紹介されている、夜道怪の伝説がある小川町。

手入れのされていない髪に、やぶれた着物を着た小汚い人が、大きな荷物を背負って歩くのを「まるで夜道怪のようだ」と言ったそうです。
夜道怪の正体は、弘法大師の教えを広めるために全国を歩いていた高野山の僧(高野聖)と言われています。高野聖には行商人を兼ねるものもいて、何もかも背負って歩き、夕方には村の辻に立ち「ヤドウカ(宿を貸してくれと言う意味)」と大声でわめき、誰も貸すものがいないと次の村に向かって立ち去った。この高野聖がだんだん法力を笠に着るようになり、善人をおびやかすようになったため、「高野聖に宿貸すな、娘取られて恥かくな」と言うことわざまでできそうです。
そう言ったことから、夜道怪は子取りの妖怪と言われるようになったのではと推測されています。

ヤドウカイの話は、入間市や日高市などでもみられます。




 
  

埼玉県伝統工芸会館・道の駅おがわ:
 東武東上線/JR八高線・小川町駅から
 パークヒル行きバス「伝統工芸会館前」下車、徒歩1分



 
◆ 紙すきを体験する
小川町では約1,300年前から和紙作りが行われていて、埼玉伝統工芸会館で紙すき体験をすることができます。
和紙と言うと障子、障子と言うと目目連、と言うことで、目目連を作ってみましょう。

 
まず下側の紙をすいて、その上に自分で作った目を置きます

 
その上に貼る上側の紙は薄くすかないとならないので、プロにおまかせ

 
そしてできあがった目目連
ポストカードにもできますし、自分の好きなイラストを使うこともできますので、一度体験してみて下さい!


◆ 手打ちうどんを食らう
併設されている道の駅おがわの中にある「麺工房かたくり」では、地元産小麦を100%自家製粉して作った手打ちうどんや、手打ち蕎麦を 食べることができます。


しらがお婆 小川町
同じく小川町での話。
夕方遊びに行って帰りが遅くなった子供を、三本辻か四辻で待っていてさらって行く。後ろを振り向くと狙うと言う。
 




<参考文献:夜道怪>
「定本柳田國男集 第4巻」 柳田國男 著、筑摩書房
「遠野物語 山の人生」 柳田國男 著、岩波文庫
「埼玉県伝説集成 分類と解説 下巻」 韮塚一三郎 編、北辰図書
「入間市史 民俗・文化財編」 入間市史編さん室 編、入間市
「日高町史 民俗編」 日高町教育委員会 編、日高町

<参考文献:しらがお婆>
「埼玉県伝説集成 分類と解説 下巻」 韮塚一三郎 編、北辰図書