野寺の鐘の伝説 新座市

 
在原業平の歌「武蔵野の 野寺の鐘の声聞けば 遠近人ぞ 道いそぐらん」に登場するのは、新座市野寺にある満行寺の鐘と言われています。
この満行寺の鐘にまつわる伝説はいろいろあり、また満行寺の御住職によると ”満行坊”と言う妖怪がいたと言う説話もあったそうです。

満行寺の鐘にまつわる伝説(1)
『日本伝説叢書 北武蔵の巻』で紹介されている話。
ある村人が、とても大きなむかごのできた芋づるを見つけ、さぞかし大きなヤマノイモだろうと掘ってみると意外と小さかった。こんな事はないと更に掘っていくと、 古鐘が出てきた。この古鐘は、満行寺の前に建っていた野寺の和尚が、兵火によって失われるのを恐れて池の中に埋めた野寺の鐘だった。そして、野寺の鐘を沈めた 所は「鐘ヶ淵」と言われた。

満行寺の鐘にまつわる伝説(2)
昔、有名な満行寺の鐘を盗んで村民を脅かそうとした男がいました。 ところが、楼上から鐘をおろしたところで旅人が来たため、男はとっさに池の中に隠れてしまい、その拍子に鐘を紛失してしまいました。
次の日、鐘がなくなっていることに気付いた寺の小僧たちが、慌てて鐘を探しましたが結局見つかりませんでした。
その事件があってから、鐘が隠されていると言われる寺の近くの池を「鐘ヶ淵」と呼ぶようになりました。
※鐘ヶ淵があったとされる場所は現在、野寺園と言う釣堀になっています。

満行寺の鐘にまつわる伝説(3)
かの弁慶が有名な野寺の鐘を京の都に持っていこうと試みたが、さすがの弁慶でも重かったため、引きずって持って行きました。 そのため、京に着いた時には、鐘の突起がなくなっていたそうです。

鐘ヶ淵にまつわる伝説

昔、住職に頼まれた用事を放って子供たちと遊んでいた小僧がいた。 小僧は、これでは和尚に合わせる顔がないと悲観して池に入水してしまった。それ以来、毎晩のように池から泣き声が聞こえたと言う。





 
満行寺の鐘を見る
 
周辺を散策する
満行寺の向いには、「武野神社」と言う北向きの神社があります。
平安時代末期に起こった前九年の役で、八幡太郎源義家が安倍氏を討つべく奥州征伐へ行く途中、八幡社に立寄り、戦勝を祈願して奥州に対座する北向きに社殿を建てなおしたと伝えられています。
魔除けや安産に御加護があり、戦いの神としても古くから信仰されています。
武野神社は八幡山と言う丘陵地にあり、武蔵野の面影を残す雑木林に囲まれています。麓には、弁天社が祀られていて、八幡山から湧き水もでています。

「にんじんうどん」を食らふ

© 有限会社村上朝日製麺所
 
ニンジンの産地・新座で生まれたヘルシーなB級グルメ。
お店など詳しくは、村上朝日製麺所公式HPをご覧下さい。

お土産を買う

ゲゲゲのうどんおやじ
© 水木プロダクション
<主な販売店>
村上朝日製麺所
 
だちょう牧場 並木屋



 
  
満行寺:
 東武東上線志木駅/西武池袋線ひばりヶ丘駅から
 西武バス「火の見下」下車、徒歩7分


<参考文献>
「日本伝説叢書 北武蔵の巻」 藤澤衛彦 著、すばる書房
「埼玉県伝説集成 分類と解説 上巻」 韮塚一三郎 編、北辰図書
「武蔵野話」 齋藤鶴磯 著、有峰書店
「武蔵野 第14巻第2・3号」−武蔵野の鐘物語− 山中共古 著
「日本の伝説18 埼玉の伝説」 早船ちよ・諸田森二 著、角川書店
「新編武蔵風土記稿」 蘆田伊人 校訂、雄山閣