九州(福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島)、沖縄

人魚 (福岡県福岡市博多区) :龍宮寺に人魚塚、人魚の骨、人魚図。

田主丸の河童 (福岡県久留米市) :JR田主丸駅並びのふるさと館に河童資料室。まちに河童像。

河伯のミイラ (佐賀県伊万里市) 「松浦一酒造株式会社」で公開。毎年12/1に河童祭り開催。

化け猫 (佐賀県杵島郡白石町) :秀林寺に猫塚があります。

産女の幽霊 (長崎県長崎市) :光源寺に伝わる伝説。毎年8/16に幽霊像を開帳。

ケンヒキ太郎の侘び証文 (大分県中津市) :自性寺に伝わる河童伝説。河童の墓もあります。

河童の墓・池 (大分県中津市) :三匹の河童に仏道の修行をさせた伝説のある円応寺。

鬼のミイラ (大分県宇佐市) :仏様として十宝山大乗院に祀られています。

幽霊の掛軸 (熊本県人吉市) :永国寺に残る伝説。

河童渡来之碑 (熊本県八代市) :仁徳天皇時代に中国から河童が海を泳いで渡ってきたと
 書かれた石碑。前川橋のたもとにあります。

油すましどん (熊本県栖本町) :栖本町河内に油すましの墓と言われる石像。

ガラッパ (鹿児島県薩摩川内市) :戸田観音に木彫りのガラッパ像。
 伝説は 「薩摩川内市観光協会」公式HPを。

池田湖の龍神 (鹿児島県指宿市) :池王明神の祠(池崎)、イッシーの像(湖畔)

ケンムン (鹿児島県奄美諸島) :ガジュマルの木に棲む木の精霊。奄美民俗村にケンムン神社。