秩父市 秩父市公式HP



 三十槌の氷柱
 
 秩父路を行く−卜雲寺・秩父神社・聖神社−

秩父夜祭

京都祇園祭,飛騨高山祭と共に日本三大曳山祭の1つに数えられている秩父市の師走名物で、300年余りの歴史があります。 見所は、屋台囃子を打ち鳴らし、笠鉾2基と屋台4基の山車(国重要有形民俗文化財)がまちなかを曳き回されるところ。
秩父神社神楽と屋台両袖に特設された舞台で行われる秩父歌舞伎やひき踊りは、「秩父祭りの屋台行事と神楽」として 国指定重要無形民俗文化財になっています。

龍勢祭

10月の第二日曜日に、秩父市吉田地域で行われる「椋神社秋の大祭」に奉納する神事として行われるもので、手作りロケットを天に向かって打ち上げます。 昇天する姿が龍に似ていることから、「龍勢」と呼ばれています。龍勢は、別名「農民ロケット」とも呼ばれ、火薬推進ロケットの元祖であり、500mもの高さまで上昇するものもあります。


芝桜の丘

羊山公園内にあって、広さ16,000m2以上のエリアに、8種40万株以上の芝桜が植栽された一大観光名所。 東側から望む斜面には、秩父夜祭の山車に乗った囃子手の紅白襦袢模様をイメージしたデザインとなっているそうです。

塚越の花まつり

上吉田の塚越地区で毎年5/4に行われる、江戸時代中期から続くお釈迦様誕生を祝う行事。県指定無形民俗文化財
熊野神社から米山薬師堂までの参道を、ヤエザクラなどの花をまいて敷き詰め、その花の上を子供たちが、ツツジのつぼみやアオキの実などで飾った花御堂を担いで進みます。薬師堂に花御堂安置して拝むと、子供たちは円になり、残った花を天に向かって撒き散らします。

三十槌の氷柱  埼玉応援レポート

大滝の三十槌地区の荒川に染み出す岩清水が凍ってできた、幅約50m,高さ6〜7mの大きな氷柱。 1月中旬から2月中旬が見ごろで、ライトアップもされます。

和銅遺跡

日本人ならたいていの方が知っている日本最初の貨幣「和同開珎」。その「和銅」が採掘された跡が、秩父市黒谷の和銅山に残されています。 和銅採掘露天掘跡へ行く途中には、高さ5mもある和同開珎のモニュメントもあります。
公式サイト「和同開珎 」では、秩父市和銅保勝会により、「和銅献上」の地「埼玉県秩父」から和同開珎や和銅遺跡の詳しい案内をしています。

秩父市イメージキャラクター
「ポテくまくん」
シール