寄居町 寄居町公式HP


寄居玉淀水天宮祭

天然の名勝地「玉淀」で、毎年8月の第一土曜日に、この地方の漁師が祭っていた水神様に水天宮を合祀し、安産・水難よけを祈願して行われるお祭り。
無数のボンボリを付けた舟山車と、約5,000発の花火(玉淀水天宮祭花火大会)が、荒川を彩ります。

埼玉県立川の博物館   埼玉県立川の博物館公式サイト

荒川を中心とした「川と水と人々のくらし」をテーマとした総合博物館。 荒川の源流から河口までを縮小表現した「荒川大模型173」や、かわせみ号に乗って荒川などのスリリングな川下りが疑似体験できる「アドベンチャーシアター」、水輪の直径が23mの木製水車としては日本一の大きさを誇る「大水車」などがあります。


風布館/風布みかん   風布の里公式サイト

風布館は、水と清流を活かす河川浄化運動のモデル事業およびふるさと創生の一環として整備した風布川流域の一角に、平成3年オープンしたレストハウス。県内で唯一の、環境庁(現在の環境省)名水百選に認定された「風布川・日本水」があり、2009年「にほんの里100選」にも選ばれました。このエリアには、親水公園・水車小屋・ホタルや沢ガニの生息地もあります。

風布は、北限のみかんの産地。北条氏が鉢形城を構築する際(天正年間)、小田原より移植したのが始まりとされ、400年もの歴史があります。暖かい空気が空中に漂い、風が布を引いた様になる現象がみかん栽培に適しているとも言われています。

ふるさと屋台村よろし市場

地産地消・地域復興のためにと作られた屋台村。屋台は、うどんやおでん,焼き鳥など7台。 「よろし市場」と言う名称は、、「寄居」「ローカル(地元)」「支援」の頭文字から取ったもの。
屋根から突き出たタワーと、その上に乗った昔懐かしいオート三輪が目印。店内には、昭和30〜50年代の音楽が流れ、駄菓子屋や射的場,ピンボール台,黒電話,銭湯で目にした牛乳の自動販売機などがあり、昭和30年代のレトロな雰囲気をかもし出しています。 テレ朝開局50周年記念ドラマ「警官の血」で使われたオープンセットも利用されています。

龍宮伝説

戦国時代、北條氏が居城とした鉢形城(国指定史跡)に伝わる伝説。寄居町商工会では、この伝説に基づいた「乙姫ちゃん」と言うキャラクターを創り、まちおこしを図っています。