杉戸町 杉戸町公式HP


古利根川流灯まつり

毎年8月上旬の土・日曜に行われ、古川橋から清地橋の約1kmの間に、畳1畳分もある日本最大規模の大型灯籠を浮かべます。夕暮れの中、約250基の小型灯籠が流れる様は、まるで地上の天の川のよう。 最終日には約100発の花火も打ち上げられます。

宿場町杉戸「五十市」

江戸時代、杉戸宿では毎月五と十のつく日に市が開かれ、昭和初期には庶民の市場として賑わっていた「五十市」。 近年、それが復活。多くの地元商品を販売する露店やフリーマーケットが出店しています。

どじょう施餓鬼

永福寺で毎年8月下旬に行われる施餓鬼で、関東三大施餓鬼(他に、秩父市浦山の川施餓鬼,さいたま市玉蔵院の大施餓鬼)の一つ。 生きものを放ってやる行事(放生)として、どじょうを池に放つことから「どじょう施餓鬼」と言われています。 最後に、施食という意味でだんごを投げる行事があり、このだんごを食べると功徳があり、病気にかからぬと言われています。




杉戸町マスコットキャラクター
「すぎぴょん」「すぎたろう」
シール



道の駅アグリパークゆめすぎと
イメージキャラクター「ぴかる」