久喜市 久喜市公式HP


提燈祭り・天王様

毎年7月12日と18日に行われる八雲神社の祭礼で、1783年の浅間山の大噴火による生活苦や社会不安などを取り除こうと、豊作を祈願して山車を曳き回したのが始まりと言われています。 見所は、夜に見られる、山車の四面に400個以上の提燈を飾りつけた山車です。

鷲宮神社/らき☆すた  旧鷲宮町

出雲族の草創に関わる関東最古の大社。「らき☆すた」の登場人物・柊家が住む神社のモデルになったことから、地元商工会が中心となって「らき☆すた」を使った町おこしを行っています。神社近隣となる架空の住所に柊家を住民登録して、特別住民票の交付を行ったり、2008年9月7日に行われた「土師祭 千貫御輿」では、「らき☆すた」みこしも登場させたりしています。

ハクレン  旧栗橋町

戦時中に食料として中国から輸入されたコイ科の淡水魚。毎年5〜7月の産卵期に、利根川下流から遡り、旧栗橋町流域で数十匹単位の大ジャンプをします。 これが見られるのは、国内で唯一ここだけです。

あやめ・ラベンダーのブルーフェスティバル  旧菖蒲町

毎年6月上旬から7月上旬にかけて、約35,000株の花しょうぶ(菖蒲城趾あやめ園・八束緑地あやめ園,見頃6月上旬〜中旬)と、 約38,000株のラベンダー(ラベンダー堤・ラベンダー苑など,見頃6月中旬〜下旬)が咲き誇ります。