越谷市 越谷市公式HP


こしがや鴨ネギ鍋  

町おこしのために、越谷市の特産品である越谷ネギと、市内にある宮内庁の埼玉鴨場にちなんだ鴨肉を組み合わせて作った名物。

キャンベルタウン野鳥の森

オーストラリアのキャンベルタウン市との姉妹都市交流10周年を記念して、1995年9月に開園。 約3,000m2のバードケージの中に、キバタンやクルマサカオウム,オーストラリアガマグチヨタカ,シラコバトなどがいます。その他に、アカクビワラビーやエミューもいます。

南越谷阿波踊り

徳島県出身で越谷市に本社を置く事業家の中内俊三氏が提唱したのがきっかけで、1985年に第一回南越谷阿波踊りが行われました。 現在では、本場徳島と東京高円寺と共に、日本三大阿波踊りとまで言われるようになっています。

越谷だるま

1713年頃に「だる吉」という人形師が、「起上り小法師」に達磨大師の姿をとり入れて作り出されたものだそうで、昭和59年に、張子だるまとして全国ではじめて埼玉県から伝統的手工芸品に指定されました。
他のだるまに比べて色が白く、鼻がやや高いのが特徴で、柴又帝釈天や川崎大師,西新井大師をはじめ、全国に出荷されています。




越谷特別市民「ガーヤちゃん」
シール