加須市 加須市公式HP


こいのぼり

明治の初め、傘や提灯を作っていた職人が、その材料の和紙を使って副業として作ったのが始まり。 関東大震災で東京近郊が壊滅状態にあった時、浅草橋の問屋が加須まで仕入れに来て、品の良さを知ってからこいのぼりの注文が増え、第二次世界大戦前には、生産量日本一となりました。
現在、こいのぼりはナイロン繊維にプリントしたものがほとんどですが、加須では今でも手書きのものも作られています。
また、毎年5月初旬に利根川河川敷緑地公園で行われる市民平和祭では、全長100m以上のジャンボこいのぼりの遊泳が見られます。

手打ちうどん

約200年前の江戸時代半ば、利根川の渡舟場や不動ケ岡不動尊總願寺の門前で、参拝客にうどんをもてなしたのが始まりと言われています。
通常よりも「足踏み」「寝かせ」を長く行うため、コシが強く、喉越しのよいのが特徴です。

節分会

関東三大不動の一つに数えられる不動ヶ岡不動尊總願寺で2/3に行われる、390年以上の歴史ある全国でも有数の勇壮な行事。 真っ赤に燃える長さ3m・重さ25kgの大松明(火の粉を浴びると厄除けになるとされています)を掲げた赤鬼,剣を振りかざす青鬼,こん棒を持った黒鬼があらわれ、不動堂の回廊を駆け巡ります。そして、かみしも姿の年男年女が、開運厄除け・無病息災などを願って、福豆や福銭を撒きます。

奇彩ハロウィン  旧騎西町

まちおこしとして毎年10月初めに行われているイベント。仮装パレードや仮装コンテスト,スタンプラリー,カボチャのランタン作りなど。

コシヒカリ  旧北川辺町

豊かな水と土壌に恵まれた埼玉有数の稲作地帯である北川辺町の特産品。 地元農産物を販売しているログハウス「米人家(コメットハウス)」や、ご当地キャラクター「稲穂戦隊スイハンジャー」など、お米に関連したもので、町を盛り上げています。

稲穂戦隊スイハンジャーとは、北川辺町のお米と平和を守るため、日々トラクターとコンバインを乗りこなし、厳しい練習とダイエットを兼ねた肉体改造に励む秘密の組織! 町内外のイベントで、北川辺町とお米をPRしています。

オニバス  旧北川辺町

池や水路でみられるスイレン科の一年草で、絶滅の恐れのある植物に指定されています。 町のほぼ中央に位置する越中沼跡地の水路で自生しており、7月下旬〜9月上旬頃の早朝より赤紫色の可憐な花を咲かせます。
見頃となる時期には、オニバスフェスタも開催されます。


埼玉バージョン
ゲゲゲのうどんおやじ

© 水木プロダクション