春日部市 春日部市公式HP


牛島の藤/藤うどん

主幹の根回が10m2,花房は最長で2m,藤棚の面積は700m2にもなる、国内最大の藤。 昭和3年に国の天然記念物に、昭和38年に特別天然記念保存木に指定。

牛島の藤があり、また、市の花が藤でもあることから作れた春日部名物が「藤うどん」。埼玉県産の小麦「あやひかり」に、アヤムラサキイモを混ぜた、きれいな藤色の麺です。
うどん紹介サイト「埼玉のうどん」もご覧下さい。
   

大凧あげ祭り/大凧会館

国の無形文化財に指定されている「大凧あげ祭り」は、毎年5月3日と5日に江戸川河川敷で行われ、畳百畳分の日本一大きな「百畳敷の大凧」があがります。
江戸時代後期、「繭の値があがる」と「凧があがる」を掛けた浄信という僧の話から、数十個の凧をあげて繭の豊作を祈ったことが、この地の凧あげの由来とされています。繭の収穫前、旧暦5月の端午の節句に男子出生のお祝いとして凧をあげるようになり、その大きさも、最初は個々にあげていたので小さいものが多かったのが、共同であげるようになっていつしか大きくなっていったようです。

市内には、「百畳敷の大凧」をはじめ、450点もの日本と世界の凧が展示されている「大凧会館」もあります。 大凧あげ祭りについての映画を上映したり、凧作り教室なども開催されます。


春日部やきそば   

春日部商工会議所青年部が、町おこし事業として開発したB級グルメ。 焼きめんを使ったあんかけ焼きそばに、春日部の花である”藤”をイメージした「しそふりかけ」をかけたもの。


押し絵羽子板

桐板に錦と布で作った歌舞伎役者や浮世絵美人などの姿絵を飾りつけた縁起物で、江戸時代末期に生産が始まったとされています。 戦後、生産が盛んだった浅草から、焼け出された押絵師たちが、良質の桐の産地であった春日部に移り住んだことから、春日部の特産品となりました。





ご当地コバトン&さいたまっち 春日部

「北春日部Q之介」


藤うどんおやじ

© 水木プロダクション