行田市 行田市公式HP


  古代蓮の里 in 行田市

さきたま古墳公園/さきたま火祭り

9基の大型古墳を中心とした東日本最大の「埼玉古墳群」(国指定史跡)がある公園。 埼玉県名発祥の碑がある「さきたま史跡の博物館」や、埴輪づくりを体験できる「はにわの館」などもあります。
さきたま古墳群の世界遺産登録を目指した「世界遺産サポーターの会」も設立され、同時にPRキャラクター 「ニニギン」と「コノハちゃん」も誕生。
毎年5/4には、「さきたま火祭り」が行われます。大山津見神の娘・コノハナサクヤ姫が、天照大神の孫・ニニギノミコトの子を、火のついた産屋で無事出産したと言う故事にならったお祭りで、古代衣装を身に付け、たいまつを持った行列は、古代へのロマンをかき立てます。

古代蓮の里   古代蓮の里公式サイト

偶然、建設工事の際に出土した種子が自然発芽して甦り、池に開花した、行田市指定天然記念物の行田蓮(古代蓮)をシンボルとした公園。古代蓮は、1400年〜3000年前の蓮であると言われています。
蓮は、早朝からゆっくりと開花し、昼頃には閉じてしまいます。見頃は、6月中旬から8月中旬。
また、古代蓮会館の展望室から見られる田んぼアートも必見です!

© くれいんえいと


忍 城

関東七名城の一つで、上杉氏や石田三成の水攻めにも耐え、落城しなかったことから”忍の浮き城”とも呼ばれています。
現在は忍城本丸の跡地に忍城址が再現され、中には郷土博物館も併設されています。和田竜著「のぼうの城」が忍城を舞台にしていることもあって、観光スポットになっています。

足 袋   行田足袋蔵ネットワーク公式サイト

木綿の産地であり、また中山道に近いことから、足袋づくりが盛んになったようで、今では国産足袋の約80%が行田で製造されています。
職人による足袋作りの実演を見たり、足袋産業の歴史を知ることが出来る「足袋とくらしの博物館」もあります。

フライ/ゼリーフライ

「フライ」とは、水で溶いた小麦粉にネギや肉などの具を入れて鉄板で薄く焼き上げた食べ物で、昭和初期の足袋工場で働く女性工員のおやつとして人気だったとか。
「ゼリーフライ」は、おからにジャガイモや野菜を混ぜたものを、パン粉につけずに油で揚げ、ソースにくぐらせた食べ物。 日露戦争時に、中国人から教わった野菜饅頭をアレンジしたものと言われています。
「フライマップ」なるものがあるくらい、どちらも行田市独特の名物で、埼玉B級グルメ王決定戦の常連です。