ご当地キャラクターず      電子書籍版「ご当地キャラクターず」
 

 

なんばった(埼玉県富士見市立難波田城公園)



田園が広がる緑豊かな南畑(なんばた)地区を象徴する、バッタのキャラクター。
公募したデザイン156点の中から一般投票で選ばれたんだよ。難波田城公園をたくさんの人に知ってもらい、好きになってもらうため、がんばります!



 
難波田城は、中世に富士見市を本拠に活躍した難波田氏の城館跡で、昭和36年、埼玉県旧跡に指定されました。荒川低地の一角に築かれた平城で、規模は5ヘクタール以上と推定されています。
 
難波田城公園は、敷地面積約17000平方メートルの歴史公園で、この貴重な文化遺産を保存し活用することを目的にその一部を整備し、平成12年6月にオープンしました。
城跡ゾーンは、戦国時代の難波田城の木橋や土塁(写真上段右側),追手門(写真上段左側)などが復原されています。
古民家ゾーン(写真下段)は、市指定文化財である、明治初期に建てられ古民家2棟と長屋門が移築復原されています。
 
園内には他に、難波田城公園活用推進協議会が運営する売店「ちょっ蔵」や、市が管理する難波田城資料館もあります。


<関連リンク>
 ・難波田城資料館(富士見市公式HP内)
 ・富士見市公式HP
 ・地図(難波田城公園)-Googleマップ
 ・埼玉さいと「富士見市」

※掲載画像は「富士見市立難波田城資料館」様からご提供頂いたものです。

<イベント>
難波田城公園では、定期的に機織りなどの「ちょこっと体験」や古民家内にある煮炊き可能な”かまど”で蒸した「手作り田舎まんじゅう」の販売も行っています。
詳しくは公式HPをご覧下さい。

 
”かまど”

<資料館>
難波田氏や富士見市を資料や実物模型などで解説しています。


 
<なんばったグッズ>
売店「ちょっ蔵」では、なんばったストラップをはじめ、絵葉書などの公園オリジナルの記念品や、地元農産物も販売されています!