ご当地キャラクターず      電子書籍版「ご当地キャラクターず」
 

 

モー太郎(駅弁のあら竹 JR松阪駅)



みなさん、こんにちは~♪
あら竹で働くモー太郎です。
2002年11月に誕生して以来、四代目社長「ぴーちゃん」を時には引っ張り、また時には後ろから押して、駅弁界だけでなく、松阪や三重の地域おこしのお役に立てるよう、フルパワーで頑張っています!



三重県代表として「日本全国ご当地キャラクター図鑑」でも紹介されました~!!


 
創業明治28年の『駅弁のあら竹』は、三重県のJR松阪駅で、地元・松阪の黒毛和牛を使った駅弁を販売する老舗の駅弁屋です。
ひとつひとつ手作りで添加物なども一切使わず、がんこ一徹、昔ながらの製法にこだわり、冷めて柔らかく美味しい牛肉の駅弁を皆様に提供しております。

画像の『モー太郎弁当』は、2002年に国内初のメロディ付き駅弁として注目を浴びて登場。
牛の形のパッケージが”視覚”を、蓋を開けた時に流れる童謡・ふるさとが”聴覚”を、すき焼きの香りと味が”嗅覚”と”味覚”を、 そして、駅弁の持つ郷愁が”心”を、それぞれ刺激する、五感に響く駅弁です。
食べ終わった容器はお弁当箱などに、また、メロディセンサーは 約2,000回使用可能なので、冷蔵庫やクローゼットに取り付けて楽しむことができます♪

その他にも「元祖特撰牛肉弁当」や「モー太郎寿司」などいろいろな駅弁を販売しています。
駅弁は、JR松阪駅以外にも「ドライブインあら竹」や通信販売でも購入することができます♪
 
ドライブインあら竹では、毎朝松阪の本店より届けられる厳選の松阪牛または国産黒毛和牛を、創業明治二十八年の駅弁屋「あら竹」の老舗の味にてご堪能いただけます。お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りくださいね♪

 
<関連リンク>
 ・新竹公式ホームページ
 ・駅弁のあら竹
 ・ドライブインあら竹
 ・地図(駅弁のあら竹)-Googleマップ

※掲載画像は「株式会社新竹商店」様からご提供頂いたものです。


<元祖特撰牛肉弁当>

昭和34年7月15日、紀勢本線がめでたく全線開通を迎えたこの日、日本初の牛肉、しかも『松阪牛』の駅弁「元祖特撰牛肉弁当」の初売りが実施されました。それ以来、変わらぬ味を守り続け、松阪の名物として、広くお客様にご愛顧をいただいております。

<モー太郎グッズ>

 
2004年に最初のグッズを発売。今ではイメージソングCDまで出ています。駅弁屋が自社のオリジナルキャラクターを商品化することは全国でも珍しいことです。

<ぴーちゃん>

駅弁界で知らない人はいない美人社長。テレビや雑誌などで紹介されたことは数知れず。三重県で唯一残った駅弁屋として精力的に活動しています。その昔、某劇団に在籍していて、NHK大河ドラマにも出演した経験があるそうです。