ご当地キャラクターず      電子書籍版「ご当地キャラクターず」
 

 

バット隊長(小笠原諸島)



小笠原諸島の固有種オガサワラオオコウモリの絶滅を防ぐため、また自然の宝庫・小笠原をPRするため、「非公認 小笠原親善大使」として日々飛び回っている。
が、夜行性のため、その活動はあまり知られていない。
隻眼なのは「捕獲されそうになった仲間を助けようとして人間に傷つけられたのさ」と本人は豪語しているが、実は、木にぶら下がって寝ていた時に、誤って落ちてしまい損傷したとの噂も。。。

父島二見港にいるかもしれないぞ!



 
上記画像は「オガツアー」様からご提供頂いたものです。



オガサワラオオコウモリについて、もっとよく知りたい方は下記をクリック!

 
東京から南に1,000kmの位置にあり、他の大陸や島と陸続きになったことのない小笠原諸島には、独自の進化を遂げてきた貴重な動植物が存在し、”東洋のガラパゴス”と呼ばれている。
 
オガサワラオオコウモリ(小笠原大蝙蝠)もその貴重な動物の一種で、小笠原諸島の固有種で唯一の哺乳類。
国の天然記念物であり、絶滅危惧IA類(CR)に指定されている国内希少野生動物だ。
生息数は、明治時代にはたくさんいたけど、1970年代に絶滅したのではと思われたほど激減。現在は、父島で130~150頭と推定されている。
 
通常のコウモリと違う点は、オオコウモリと言う名が示すように、翼を広げると1mを超えるものもいるのと、英名でフライングフォックスと呼ばれるように 狐狸系の愛らしい顔立ちをしている点だ。
 

小笠原諸島は、他にもたくさんの珍しい動植物が生息・自生し、紺青の海ではイルカやクジラだけでなく、運がよければマンタやジンベエザメにも出会える神秘的なスポットだ。
ぜひ遊びに来てくれ!
by バット隊長

<関連リンク>
 ・オガサワラオオコウモリ専門サイト(スタジオもののふ!)
 ・小笠原村観光協会
 ・オガツアー
 ・小笠原チャンネル
 ・環境省自然環境局生物多様性センター
 ・地図(小笠原諸島)-Googleマップ

※掲載画像は「スタジオもののふ!」様からご提供頂いたものです。
 
 
<お勧めDVD>
小笠原レアアニマルズ
オガサワラオオコウモリの世界

オオコウモリだけでなく、メグロや島で暮らしていても滅多に見ることが出来ない動植物を収録

世界自然遺産 小笠原諸島
父島編

父島の代表的な風景に加え、現在では見ることが難しくなってしまった貴重な映像を収録

※DVDのご購入・お問い合わせは「スタジオもののふ!」まで


<お土産>
小笠原諸島バージョン
ゲゲゲの小笠原大蝙蝠おやじ


© 水木プロダクション

主な販売箇所
フリーショップまるひ
アサヒ薬局