さいたま市 さいたま市公式HP

鉄道博物館   鉄道博物館公式サイト

2007年、鉄道の日である10月14日にオープンし、今や鉄道好きでなくても知っている一大観光名所。実物車両が展示されていたり、 模型鉄道ジオラマ・ミニ運転列車・運転シュミュレータなどの実演・体験ゾーン、当時の食堂車で出されていた食事が食べられる日本食堂などが あります。

武蔵第六天神社

さいたま市岩槻区にある神社で、御使役として、天狗様が願いを叶える仲立ちをされています。 社殿には、大天狗・烏天狗が宿り、奉拝者に御神徳を授けたとされる御神木があり、御神木をさすってから身体の悪い箇所をさすると、病が治ると言われています。
参考HP:妖怪伝説の旅

 
天狗羊羹
神社近くの岩戸屋にて販売

大宮公園

桜の名所(約1,200本)として有名で、野球場・陸上競技場・サッカー場と言ったスポーツ施設のほか、国の天然記念物・タンチョウや国内では当園でしか見ることのできないイエガラスがいる小動物園もあります。
他に、梅林がある大宮第二公園、見沼田圃の原風景を生かした大宮第三公園もあります。

大宮盆栽村

東武野田線とJR宇都宮線に囲まれた大宮公園駅の北側一帯。 東京の団子坂辺りに住んでいた多くの植木職人・盆栽師が、関東大震災の被害のため、この地に移住してきたのが盆栽村の始まり。 6軒の盆栽園があり、毎年5/3〜5/5には「大盆栽まつり」が開催されます。

うなぎ

さいたま市の浦和地区は、江戸時代、沼地が多くありました。その沼地でとれたうなぎは、おいしいと評判になり、中山道を通る旅人がわざわざ足を運ぶようになったそうです。 その後、大正時代に、水田耕作のために、地場のうなぎはいなくなってしまいましたが、現在でも、伝統の味・蒲焼きを味わえるうなぎ専門店が残っています。
「浦和のうなぎ」の伝統を守り、広くPRすることを目的とした「浦和のうなぎを育てる会」が発足し、毎年5月の第4土曜日には「うなぎまつり」を開催しています。

サッカー王国・埼玉
テレ玉くん×目玉おやじ02

 
浦和バージョン
ゲゲゲのうな重おやじ

© 水木プロダクション