桶川市 桶川市公式HP


べに花  

江戸時代、中山道の桶川宿は、「桶川臙脂(えんじ)」の名で全国に知られた紅花の産地として栄えていました。 現在、べに花の郷としてべに花を蘇らせ、町おこしをと「べに花摘み取り園」や「べに花ふるさと館」を設立したり、花が咲く6月下旬から7月上旬頃に、「べに花まつり」を開催しています。


江戸時代生活用具資料館

江戸時代、中山道宿場本陣近くで穀物問屋を営み、紅花の取引を行っていた島村家の土蔵は、切り妻造りの瓦葺が特徴の、当時としては珍しい3階建てで、2000年に国有形文化財の指定を受けています。
現在、その土蔵は江戸時代生活用具資料館として公開され、江戸時代の百科事典や紅花染めの衣装を着たひな人形,紅花取引の相場表と言った、江戸時代の暮らしや文化を感じさせる所蔵品が展示されています。




オケちゃんグッズ