北本市 北本市公式HP


トマト  

その昔、「石戸トマト」として全国的に知られ、昭和初期の頃には県内でも有数のトマトの産地でした。その名産品を使って町おこしをと、 トマト大福やトマト羊羹,トマトまんじゅうなどが作られています。 「とまとルンルン揚げ餃子」や「トマト入りそばコロッケ」は埼玉B級グルメ王決定戦に出店されています。

  とまちゃん(埼玉B級グルメ王決定戦 in 西川口にて

石戸蒲ザクラ

東光寺境内にある、エドヒガンザクラとヤマザクラの自然雑種で、白い可憐な花を咲かせます。樹齢は約800年、大正11年に国の天然記念物に指定。当時は幹が4本に分かれていて、根回り11m程の巨大な桜でしたが、現在では1本の幹と孫生えを残すだけとなっています。 福島県の三春滝ザクラ,山梨県の山高神代桜,静岡県の狩宿の下馬ザクラ,岐阜県の根尾谷淡墨ザクラと共に、日本五大桜の一つに挙げられています。
「蒲ザクラ」の由来は、源範頼の伝説からきています。 源頼朝の異母兄弟である源範頼は、源平の合戦で活躍した後、次第に頼朝から謀反の疑いを持たれ、伊豆の修善寺に幽閉され、殺されたと言われています。しかし、源範頼は伊豆で殺されずに石戸まで逃れてきて、そこで杖を立てたらそれが根付いて桜の木にになったと言う伝説があります。源範頼は、生まれが遠江国蒲御厨(静岡県浜松市)で「蒲冠者」と呼ばれていたことから、その桜は「蒲ザクラ」と呼ばれるようになったのです。