埼玉県立自然の博物館 in 長瀞町

アンモナイトが棲んでいた海中

 
化石の展示

 
アケボノゾウが居た頃の様子

 
生物展示コーナー

 

 

 

 
触れる剥製コーナー



岩畳や宝登山,ライン下りで有名な埼玉県の一大観光スポット”長瀞”。
ここにもあまり知られていないけど、おもしろい施設があります。
それが、埼玉県立自然の博物館です。

施設に入ってまず目にするのが、頭上にある体長約12mの「カルカロドン メガロドン」と言う巨大ザメの復元模型です。このサメのアゴの復元模型に入って写真を撮ることもできます。

1Fには、地形展示や生物展示のホール,触れる剥製コーナー,海獣パレオパラドキシアの復元模型などがあります。
 
地形展示ホール
秩父山地や関東平野の鉱物や岩石などが年代の古い順に並べられていて、地学を学べるようになっています。アンモナイトの化石やアケボノゾウの骨格復元模型もあります。
 
生物展示ホール
埼玉を代表する雑木林やブナ林,標高2,020m付近のシャクナゲ咲く初夏の原生林,鍾乳洞などが大ジオラマで紹介されていて、そこに棲む多くの生物も見ることができます。
 
触れる剥製コーナー
イノシシやキツネ,モグラ,アオゲラなど多くの生物の剥製が置かれていて、実際に触れることができます。
 
海獣パレオパラドキシア
パレオパラドキシアは、秩父地方がまだ海だった約1500万年前、海辺に棲んでいたとされる海獣で、その化石が秩父市大野原と小鹿野町般若で見つかっています。
 
 
  
 
施設の方に話を聞くと、パレオパラドキシアはカバのような体形の哺乳類で、生物学的に恐竜ではないとのこと。残念なことに(?)、埼玉県では恐竜の化石は見つかっていないそうです。

秩父地方で発見されたチチブサワラの化石と復元模型も展示されています。

少しでも興味を持った方は、直接行ってご覧になることをお勧め致します。
行ったら、受付で音声ガイドの機器を借りれますのでお忘れなく。
これを使って、各所のガイドや鳥の鳴き声などを聞くことができるのです。
特に鳥の好きな方は、2Fに足を運ぶのをお忘れなく。2Fには10数種類の鳥の模型と鳴き声データがありますので。  
 
※当ページは2010年に作成したものです。