埼玉県山西省友好記念館 in 小鹿野町





門前の獅子
 

門前の庭にもいろいろ


石炭


竪穴志木住居も




秩父の奥に位置する小鹿野町。
実は、この地にはたくさんの観光スポットがあるのです。
ハイキングコース,堂上のセツブンソウ/アズマイチゲ自生地,福寿草園,蝋梅園,花菖蒲園,両神温泉・薬師の湯,おがの化石館などなど。

埼玉県山西省友好記念館(神怡舘)もその一つで、昭和57年10月27日、埼玉県と中国の山西省が友好締結をし、その10周年を記念して平成4年5月に建てられました。
通称となっている神怡舘の神怡(しんい)とは、中国北宋代の政治家・范仲淹が書いた『岳陽楼記』にある一節「心曠神怡」に由来しており、「心がひらけて気持ちが和らぐ」という意味を持っているそうです。

建物の外観は、唐代寺院建築風の造り。
門前の広場には、獅子の石像が雄雌一体ずつあります。そこには子供の獅子や台座に龍も彫られています。

門の両脇には、なかなか迫力のある鉄人と鉄牛が置かれています。鉄人と鉄牛は、黄河浮き橋をつなぐ杭として黄河の両岸に置かれたものだそうです。
  

館内には古代中国楽器「編鐘」の復元品や仏宮寺釈迦塔(応県木塔)など、山西省を中心とした中国の文化がいろいろ紹介されています。
 

 

ミュージアムショップでは、三国志グッズをはじめ、各種中国雑貨を販売。また、チャイナドレスのレンタルも行っています。

神怡舘から徒歩15分くらいの所には、中華風展望台もあります。
  


自然に囲まれた場所にある異質な建物・神怡舘。
中国文化や三国志好きな方だけでなく、コスプレイヤーの間でも、撮影スポットとしても有名になりつつあるようです。


公式サイト:埼玉県山西省友好記念館(神怡舘)


※当ページは2010年に作成したものです。