秩父路を行く−卜雲寺・秩父神社・聖神社−

卜雲寺荻野堂(札所6番)


卜雲寺から見る武甲山


北辰乃梟

 


聖神社



今回は、お寺・神社を巡る秩父路の旅。

まず初めに、横瀬町にある卜雲寺荻野堂へ。
本尊は蔵王権現社の本尊として武甲山頂にあったもので、行基菩薩の作と言われています。
寺宝には「清涼寺式釈迦如来立像」や「荻野堂縁起絵巻」の他に、「山姥の歯」と言ったものもあります。その昔、武甲山に悪さをする山姥が居たが、行基菩薩によって捕らえられ、歯を抜いて許しを請うたそうで、その時の歯が今でも残っているとのことです。 詳しくは、妖怪伝説の旅をご覧下さい。
卜雲寺からはその武甲山がはっきりと見え、その眺めは雄大で、ぜひ天気のいい日に訪れることをお勧め致します。

次に訪れたのが、秩父神社。
秩父神社といえば、その例祭である「秩父夜祭」が有名。秩父夜祭は、京都・祇園祭,飛騨・高山祭と共に日本三大曳山祭の一つで、300年余りの歴史がある、秩父市の師走名物。屋台囃子を打ち鳴らして、国重要有形民俗文化財となっている山車や笠鉾を街中曳き回します。
秩父神社は、智恵の神様・八意思兼命を祀っており、御社殿北側には知恵のシンボルである北辰乃梟が彫られていることから、受験生にも人気があります。
この他にも、つなぎの龍や、お元気三猿,子育ての虎,乳銀杏などたくさんの見所があります。

 

そして、最後に訪れたのが秩父市黒谷にある聖神社。
708年、天然の銅塊「和銅」がここ黒谷で発見されて朝廷に献上されると、朝廷は勅使に雌雄一対の和銅製蜈蚣(ムカデ)を持たせ、これを御神体として聖神社を創建したと言われています。蜈蚣は、百足と書かれることから文武百官(たくさんの役人)を遣わす代わりと言う意味があったそうです。
和銅が発見されて作られた日本最初の流通通貨「和同開珎」のモニュメントが、社殿の隣にあります。

 

秩父路には、他にもたくさんの素晴らしい景色と歴史が残っています。
休日にちょっと足をのばして秩父路を散策してみませんか?


※当ページは2010年に作成したものです。