埼玉の伝統的手工芸品 in 小川町



埼玉県小川町には、埼玉の伝統的手工芸品の素晴らしさと、その技法を次代へ繋げるために設立された「埼玉伝統工芸会館」があります。

埼玉県伝統的手工芸品は、20産地30品目もあります。
・岩槻人形(江戸木目込人形)
・岩槻人形(雛人形)
・春日部桐箪笥
・春日部押絵羽子板
・春日部桐箱
・小川和紙
・鴻巣びな
・手がき鯉のぼり
・所沢人形(雛人形)
・所沢人形(押絵羽子板)
・秩父銘仙
・竹釣竿
・鬼瓦
・武州磨き本瓦
・熊谷染 友禅/小紋
・本庄絣
・飯能大島紬
・越谷ひな人形
・越谷甲冑
・越谷張子だるま
・武州正藍染 武州唐棧/武州型染/武州紺織
・行田足袋
・秩父ほぐし捺染 着尺/夜具地/座布団地
・草加本染ゆかた 本染ゆかた/長板中型

皆さん、ご存知でした?
恐らく埼玉県民でも知らなっかった方は多いのでは。
埼玉伝統工芸会館には、これらの伝統的手工芸品のすべてが展示されています。
また、120インチの大画面で製作過程の映像が見れる映像展示室や、地元・小川町の伝統的手工芸品である小川和紙の紙すき体験ができる和紙工房もあります。

和紙工房では、自分オリジナルのポストカードや色紙などを作成することができます。
非常に簡単に楽しく作成することができます。ただし、乾かすのに2時間くらいかかります(後日郵送も可能)。

今では、県内や県外の小学生が授業の一環で紙すき体験をしにくるそうです。
皆さんもお近くにお越しの際は、ぜひ伝統の技を見に訪れてみて下さい。


※当ページは2010年に作成したものです。