吉見百穴










横墓穴の中
埼玉県西部地域に住む人なら知らない人はいない(?)と言う有名な史跡。
「百穴」と付いてることからわかるように、穴、穴、穴。
現在まで219基あるのが確認されているそうです。

明治20年に発掘調査を行った帝大(現在の東大)の坪井正五郎博士は、百穴は先住民族・コロポックル人の住居で、後に墓穴として利用されたものであると発表しました。
しかし、その後の日本各地の調査例などから、百穴は古墳時代末期に造られた横墓穴と判明。代表的な横墓穴群として、大正12年に国の史跡に指定されました。

第二次世界大戦中には、吉見百穴およびその周辺の丘陵地帯に大規模な地下軍需工場が造られ、数十基の横穴が壊されたそうです。
 

地下軍需工場跡入口

また、6基の横穴墓では、国指定天然記念物のヒカリゴケが自生しています。ヒカリゴケが関東平野で生育していることは極めて貴重とされています。  



百穴は、とっても不思議な光景です。
頂上からの眺めもよく、春には桜もきれいな場所です。すぐ隣には松山城跡もありますので、ゆっくりと史跡散策してみてはいかがでしょうか。


※当ページは2010年に作成したものです。