川越城&三芳野神社




これが参道






川越城跡図

三芳野神社周辺(拡大)

誰でも一度は聞いたことのある童唄
「とうりゃんせ とうりゃんせ こーこはどーこの細道じゃ・・・」
この歌詞の発祥の地と言われているのが、川越にある三芳野神社の参道です。

三芳野神社は、川越初雁球場と川越城本丸御殿のそばにあり、境内には「わらべ唄発祥の地」と言う石碑の他に、「川越城七不思議」と言う石碑もあります。

川越城七不思議とは?
ここでそのうちの3つをご紹介しましょう。

●初雁の杉
川越城内にある三芳野神社の裏には大きな杉の老木があった。いつの頃からか毎年雁の渡りの時期になると、その杉の真上まで来て三声鳴きながら、杉の回りを三度回って、南を指して飛び去ったという。

●霧吹きの井戸
城中に苔むした大きな井戸があった。普段はふたをしておくが、万一敵が攻めて来て、一大事という場合には、この蓋を取ると、中からもうもうと霧が立ち込めて、城は敵からは見えなくなったという。

●人見御供
川越城築城の際、太田道真・道灌父子は三方(北、西、東)の水田が泥深く、土塁がなかなか完成せず苦労していた所、ある夜、道真の夢枕に龍神が現れ、「どうしてもこの地に築城したいのなら、明朝一番早く汝のもとに参った者を人身御供に差し出すのだ」と言った。道真は、龍神にそのことを約束したが、明朝一番早く現れたのは、最愛の娘・世禰(よね)姫であった。さずがの道真も龍神との約束を守れずにいると、世禰姫はある晩、城の完成を祈りながら、自ら七ツ釜の淵に身を投げてしまった。その後、川越城はまもなく完成したと言う。


川越城には、太田道灌が川越城築城や防衛に利用したと言う妖怪の話もあります。十方庵大浄敬順の『遊歴雑記初編/山島民譚集』に記されているヤナと言う妖怪で、敵兵がこの外堀まで来ると、霧を吹いて雲を起こし、魔風を吹かせて四方を暗夜にしたり、洪水を起こしたりして敵兵の方向感覚を狂わせたと言います。
上記の「霧吹き井戸」と「人見御供」の話から作られたのでしょうか?
それとも妖怪の話も本当だったのでしょうか・・・?


そんな話が残っている川越城ですが、残念ながら、川越城本丸御殿は現在、保存修理のため平成23年3月頃まで休館中。
ですが、作業フェンスには、川越城跡図などが貼られていますし、少し離れた所には、川越城富士見櫓跡と田曲輪門跡がありますので、それなりに楽しめるかと思います。
 
 

※当ページは2010年に作成したものです。