ゆるキャラ®さみっと in 羽生


会場にはレッドカーペットが!
 

まだ9時なのにすでに人が…
 

本庄市のはにぽん
 

桶川市のオケちゃん
 

伊奈町の伊奈ローズくん&伊奈ローズちゃん
 

長野県木曽町の福ちゃん
 

茨城県桜川市のいしおさん
 
11/28(日)羽生水郷公園において『ゆるキャラ®さみっと in 羽生』が開催されました。
 
上田県知事が「県内全市町村にキャラクターとB級グルメを!」と呼びかけたこともあり、今や数多くのご当地キャラクターが誕生している埼玉県に、1都18県のご当地キャラクター85体が集結。ゲストとして『ひこにゃん』も登場。
天気にも恵まれ、詰めかけた大勢の子供達やファンに愛想を振りまいていました。
 
また、ブースでは、各キャラクターのグッズや名産品,グルメも販売されていて、長蛇の列ができている所もありました。
 

オープニングに地元・羽生市の7体が登場!


画像:テレ玉様からご提供
地元テレビ局・テレ玉(テレビ埼玉)のマスコットキャラクター『テレ玉くん』も登場。
「まだまだ半熟者ですが・・・」が口癖だけど、頑張って子供達を楽しませていました。

ブースでは、ぬいぐるみやストラップなど、テレ玉くんグッズが多数販売されていました。






ブルーベリーの植樹面積・日本一の美里町から『ミムリン』も登場。
『ミムリン』は、美里町誕生55周年&村から町に代わって25周年を記念して作られた美里町のマスコットで、大好きなブルーベリーを食べすぎたために、頭と体がブルーベリーになっています。
美里町の未来と夢のある鳥『ミムリン(美夢里ん)』は、美里町のいいところを世界に広めるため、イベントでも頑張っていました。

ブースでは、特産のブルーベリージャムやミムリングッズが販売されていました。

画像:美里町様からご提供

上:富山県射水市の「ムズムズ」と一緒
中:群馬県館林市の「ぽんちゃん」と一緒
下:桶川市の「オケちゃん」と一緒




雑木林とせせらぎのあるまち新座から『ゾウキリン』も登場。
"雑木林"を"ゾウキリン"と読み間違えてやってきて、その居心地の良さにそのまま住みついてしまった、ゾウのようだけど体の模様がキリンに似た不思議な動物。

お姉さんと一緒にペコリ

ブースも『ゾウキリン』一色でした!
画像:新座市様からご提供



埼玉県以外では、遠くは佐賀県の「唐ワンくん」など約40体が参加。
 

館林市観光協会
群馬県館林市からは『ぽんちゃん』が登場。

館林市には、有名な「分福茶釜」伝説が伝わる茂林寺があります。
『ぽんちゃん』はその分福茶釜をモチーフに生まれたキャラクターで、観光大使として館林のPRに努めています。
実は胴体は茶釜。頭に「つつじ」をつけています。

ブースでは、名物「釜玉うどん」が販売されていました。



東海村観光協会
茨城県那珂郡東海村からは『イモゾー』が登場。

東海村発足50周年を記念して、特産品のさつまいもをモチーフに生まれたキャラクターで、地元のイベントでは、お客様の案内も行っているとか。

ブースでは、芋スティックが販売されていました。



最後に。
近年、まちのPRなどにキャラクターを使うのは別段普通のことで、着ぐるみを作ってイベントに登場すれば子供達も喜ぶのでよい事だと思います。
問題は、そのキャラクターおよび着ぐるみをどう活かすか。
これだけ多くのキャラクターが生まれていることもあり、どのキャラクターがどこのまちのものなのか知らない人が実はたくさんいます。そのため、自分たちのまちや名産品などを広く知ってもらうには、何らかの形で、他のキャラクターとの差別化を図ることも必要です。
特に埼玉県では、「隣町が作ったからうちも」と言う感が否めません。折角作ったキャラクターですので、年に数回まちのイベントに出て終わりと言う様にならないよう、うまく活用して欲しいものです。


※当ページは2010年に作成したものです。