おおとりまつり(こうのとり伝説) 鴻巣市


こうのとり登場!


卵を狙う大蛇


こうのとりvs大蛇


見事、大蛇を退治!!

写真提供:鴻巣市商工会様
ひな人形で有名な鴻巣市には、その地名の由来にもなった『このうとり伝説』があります。
そして、毎年10月に行われる「おおとりまつり」でその伝説をテーマにしたパレードが行われています。

『こうのとり伝説』を簡単に紹介すると・・・
昔、鴻巣の宮地小字本宮に小さな祠とそばには一本の大きな樹が立っていました。お供えを怠ると必ず祟りがあると言うことで、村人たちは欠かさずお供えをしていました。
ある日、隣村の男が祠を汚す事件が起こり、その時から猛烈な日照りが続きました。
そんな中、どこからか一羽のコウノトリが飛んできて樹のてっぺんに巣を作り卵を生みました。そこに卵を獲りに一匹の大蛇が現れました。コウノトリは大蛇と戦い、大蛇の頭をくちばしで突き刺して退治しました。
すると、それまでの日照りが嘘のように突然雨が降り出しました。村人たちはコウノトリに感謝して新しい祠を祀り、鴻の宮(現在の鴻神社)としました。そして、地名も鴻巣と呼ばれるようになりました。

詳細については、『こうのす市商工会のブログ』をご覧ください。
結構リアルな大蛇とこうのとりの戦いは、子供だけでなく大人でも楽しめます。

鴻巣市に来たら、麺の幅が約8cmもある「こうのす川幅うどん」を食べましょう。
鴻巣市と吉見町の間を流れる荒川の川幅が日本一であることから生まれたご当地グルメで、5月に行われた「埼玉B級ご当地グルメ王決定戦」において、初出場ながら準優勝と言う実績をもったうどんなのです。


※当ページは2010年に作成したものです。