なまずの町散策&プロレス観戦 in 吉川市

JR吉川駅

 
金なまず像とラッピーランド

 

 
故郷の川?を見つめるなまずマン

 
コミカルな動きで楽しませてくれます

 
開場!

 
リングに上がる子供達

 


今回は、JTB首都圏さん主催の「埼玉体験旅くらぶ」のツアーに参加。
そのツアーとは、
  『ガイドはご当地レスラーなまずマン!プロレス観戦と吉川の町』

埼玉県の東端にある吉川市は、中川と江戸川に囲まれた土地柄、川魚は豊富で、川魚料理は約400年の伝統があります。その中でも特に有名なのが「なまず」で、市も「なまずの里」として町おこしを展開しています。
そして、この吉川市で生まれ育った有名人に”鬼嫁”こと、プロレスラー佐々木健介さんの奥様・北斗晶さんがいます。北斗さんが社長を務める「健介オフィス」は、吉川駅近くにあり、若手レスラーの試合も行っているのです。
今回のツアーは、健介オフィスに所属するご当地レスラー『なまずマン』のガイドで吉川の町を散策し、一緒になまず料理を食べ、最後にプロレス観戦を楽しむと言うもの。
ただし、なまずマンは「なまー」としか言えないので(たまに「なますて」と言うことも)、レフェリーを務めるKさんがガイドとして同行して下さいました。


吉川駅前に集合。まずは、駅南口にある金箔のナマズのモニュメントをバックに参加者全員で記念撮影。実はなまずマン、この像の中に棲んでいるそうです。
撮影後、観光案内所を兼ねたお土産屋「ラッピーランド」に立ち寄り、それから中川の土手を散策。途中で、なまずマンとゲームをして楽しむことに。

 
最初、なまずマンから距離を置いていた子供達も、このゲームを境になまずマンに慣れ、じゃれ合うようになっていきました。
この日は夏日。もともと陸上は苦手な(?)なまずマンですが、ハアハアいいながらも楽しそうに子供達と遊んでいました。
ちなみに、なまずマン、地元でとっても人気もので、歩いていると車や自転車に乗っている人からも声をかけられていました。

昼食は「福寿家」さんで、なまずのたたきや天ぷらを堪能。なまずがダメな方は別の料理が用意されるのでご安心を。なまずマンも一緒に食事をとりましたが、当然なまず料理は共食いになるので別の料理を食べていました。どうやって食事をとるのかは、参加されてからのお楽しみです!
 
福寿家さんでは、オリジナルのなまず箸置きや、吉川の酒米・五百万石で作られた純米酒「なまず御前」などのお土産も販売されています。

昼食後、たいやき屋「尾長屋 健介吉川店」に。
お勧めは、冷やしたいやきです。間違いありません。

そしていよいよプロレス会場となる健介オフィスへ。
試合開始前には、子供達がリングに上がることができるとあって、家族連れも多く来られていました。
 
この日の試合は以下の3試合
第一試合 西川潤 vs 南野タケシ
第二試合 なまずマン・なまずマン vs 吉江豊&CHANGO
第三試合 起田高志&宮原健斗&梶原慧 vs ベアー福田&豪&正岡大介
 
私も生でみたのは初めてでしたが、プロレスの迫力やおもしろさは、実際に見てみないとわからないと思います。ぜひ一度足を運んで見て下さい!


肝心のなまずマンの試合はと言うと・・・その前に、なまずマンの試合を見る時のポイントを。
まず、なまずマンは増殖能力があるらしく、タッグマッチになると2人(2匹!?)になります。ただし、1号、2号と言った区別はありません。
次に、登場する時は地元吉川なまず音頭にのって現われ、お菓子を配ってくれます。
最後に一番重要なポイントが、応援する時には「なんまれ〜(がんばれのなまず語?)」と言います。

 お菓子を配るなまずマン
そして試合ですが、CHANGOには堂々と(?)2人で立ち向かうなまずマンですが、150kgの巨漢・吉江が出てくると2人で必死に命乞い。。。
結果、あえなく撃沈でした。残念。
 
   

試合後、会場外ではグッズだけでなく、たい焼きも販売されています。

プロレスラーと一緒に散策したり、食事をしたりする機会はそうそうありませんし、一緒に楽しんだ選手が試合にでるとなれば、プロレスにそれほど興味のないお子さんでも自然と応援に力がはいります。
またこういった機会がありましたら、プロレスにほとんど興味のない方もぜひ参加してみて下さい。絶対楽しめます!

 
 
※当ページは2010年に作成したものです。