河童のまち志木




殻の中にいる河童


カッピー石像


足跡






チョウショウインハタザクラの根元にも




駅前ロータリーにも


河童伝説と言えば岩手県の遠野が有名ですが、都内から電車で20分ほどの埼玉県志木市にも河童伝説があり、観光客誘致に一役買っています。

志木市の宝幢寺が舞台となる柳瀬川の河童伝説は、1809年に発行された「寓意草」に収録され、後に柳田国男の「山島民譚集」で紹介されてます。

『昔、柳瀬川には河童が住んでいて、馬や人を襲う事件がたびたび起こっていました。
ある日、寺の小僧が川で馬を水浴びさせていると、突然、馬が川から飛び出して馬小屋へ戻って行ってしまいました。 小僧が後を追いかけて馬小屋に戻り、馬の周りを見てみると、暴れた馬に踏まれて弱っていた河童がいました。
村人達が、今まで悪さをしてきた河童を焼き殺そうとすると、河童は涙を流し、手を合わせて許しを乞いました。寺の和尚は河童の様子を見て哀れに思い、人々に命乞いをしました。河童も、今後は人や馬に危害を加えないと誓いました。
村人達は河童を許してやり、川にはなしてやりました。
翌朝、命を助けてもらったお礼でしょうか、和尚の寝ている枕元に大きな鮒が2匹置いてありました。』

この河童伝説を残そうと、宝幢寺周辺の檀家で組織された中野大門会が河童の石像を造って境内に安置しています。

宝幢寺以外にも志木のまちなかに16体の河童の石像があります。泳いでいるものや殻の中にいるもの、足跡など様々。これらの石像は、「地域にカッパを広めたい」と市内の石材店を営む方が作成されたものです。

志木いろは商店会には『カッピー』と言うカッパのキャラクターがいます。 志木いろは商店会の創立30周年記念事業として、志木いろは商店会と絵本作家・おぐまこうじ氏により誕生したキャラクターで、伝説のカッパとハッピー(幸福)を組み合わせて「カッピー」と名付けられました。
今では、埼玉各地をPRするためのキャラクターの集団「ゆる玉応援団」の一員となり、志木市全体の活性化に奔走しています。

志木いろは商店会にある「かっぱふれあい館」では、様々なカッピーグッズが販売されています。
©水木プロダクション

もちろんB級グルメもあります。
その名も『はたざくらカッピーコロッケ』。
 
世界中で志木にしかない桜「チョウショウインハタザクラ」をイメージして作られたもので、じゃがいものコロッケに、桜の花びらと河童の好物・きゅうりの柴漬けが入っています。味がしっかりついているのためソース不要で、冷めてもおいしい未知の味。

「はたざくらカッピーコロッケ」片手に、河童のまちを散策してみてはいかがでしょうか。


志木市商工会公式サイト
 
志木いろは商店会公式サイト
 
ニュータイムス社公式サイト ※カッピーグッズ販売
 
妖怪伝説の旅



※当ページは2009年に作成したものです。
※当ページに掲載している画像や情報は、一部を除き、志木いろは商店会様とニュータイムス社様から
  ご提供頂いたものです。