羽生市のムジナモとムジナもん


これが『ムジナモ』


羽生市イメージキャラクター『ムジナもん』


ムジナもんといがまんちゃん


キヤッセ羽生


羽生市にある羽生水郷公園の宝蔵寺沼は、日本で唯一現存する(世界でも数ヶ所しかない)『ムジナモ』の自生地で、国の天然記念物に指定されています。

『ムジナモ』は、ミジンコなどの動物性プランクトンを栄養にするモウセンゴケ科に属する一属一種の珍しい食虫植物で、補虫の方法はハエトリグサと同じ「閉じ込方式」という方法です。
花は、夏季の日中まれに咲きますが、わずか1〜2時間、1回限りしか開かず、当日の条件が悪ければ開かずに終わるという「幻の花」と言われています。

宝蔵寺沼は立入禁止になっているため、『ムジナモ』を見れませんが、同じ公園内にある「さいたま水族館」で見ることができます。

この『ムジナモ』は、ムジナ(タヌキ)の尻尾に似ていることからそう名付けられたと言います。
すぐお隣の群馬県茂林寺が「ぶんぶく茶釜」で有名なように、その昔、羽生市にもたくさんのムジナがいたそうで、多くのムジナにまつわる昔話が残っています。

そこで誕生したのが、羽生市のイメージキャラクター『ムジナもん』です。
羽生市のまちおこしのため、平成13年にグッズ研究会が発足し、約2年間の研究期間を経て誕生。
その愛くるしい姿で一躍人気者となった『ムジナもん』は、ゆる玉応援団の一員にもなり、羽生市内だけでなく、県内のイベントにも参加して、羽生市のPRに努めています。

こんな羽生にキャッセなー!



※当ページは2009年に作成したものです。
※当ページに掲載している画像や情報は、一部を除き、羽生市役所企画財務部企画課様から
ご提供頂いたものです。