埼玉のうどんシリーズ第一弾

新座名物 にんじんうどん


これがにんじんうどん!


尾崎農園で作られたニンジン


にんじんうどんの乾麺

埼玉県内には、昔から小麦の産地が多くあり、うどんの生産量も全国トップクラスと言う、知る人ぞ知るうどん王国なのです。
そんな埼玉には特色あるうどんがいろいろありますが、今回ご紹介するのは、新座名物「にんじんうどん」です。

新座市には、昔から慶事・仏事など人が集まる時には手打ちうどんでもてなすと言う風習がありました。
また、水はけのよい関東ローム層は、土中で育つ根菜類に適した土壌であり、ニンジンは市内でも生産量の多い野菜です。

そんな新座市で生まれた名物が「にんじんうどん」。

平成14年秋、新座市内にある村上朝日製麺所が、新座産のニンジンや地粉などを使い、試行錯誤を重ねて開発しました。
同じく新座市内の尾崎農園で作られたニンジンをペースト状にして小麦粉に練り込みます。
その麺を茹でると、うっすらとオレンジ色に。
味はニンジン特有の苦味もなくあっさりしていて、コシが強くて食べ応えがあります。

新座市観光都市づくり推進室でも、新座の名物にしようと、埼玉B級グルメ王決定戦や各所のイベントに出店し、PRに努めています。 関東代表として出場した全国学校給食甲子園では、見事12位で入賞を果たしました。


新座市は、紅葉で有名な平林寺をはじめ、雑木林と野火止用水を中心とした自然を楽しめるまちでもあります。
ぜひとも散策して、お腹をすかせてから新座名物を味わって下さい。


にんじんうどん&お店の情報は、村上朝日製麺所公式HPをご覧ください。


※当ページは2009年に作成したものです。
※当ページに掲載している画像は、一部を除き、村上朝日製麺所様からご提供頂いたものです。