巾着田の曼珠沙華まつり2009 in 日高市






あいあい橋



巾着田は、日高市内を流れる高麗川が蛇行していることにより作られたエリアで、日和田山から眺めるとその形が巾着に似ていることからそう呼ばれるようになりました。

巾着田は、曼珠沙華(彼岸花)群生地として全国的にも有名な場所です。毎年9月中旬から下旬にかけて、まるで赤い絨毯を敷き詰めたように一面が真紅に染まるその景色は必見です。

鳥のさえずりを聞きながら、真っ赤な花の中を散策していると、別世界に来たような感じになります。

赤い絨毯と言っても、その中に白い曼珠沙華もポツポツと咲いていて、飽きさせません。



また、巾着田には、木製トラス構造の橋としては日本一の長さ(91.2m)を誇る「あいあい橋」があります。高麗川にかかる歩行者専用橋で、高麗川を上からのんびり眺めることができます。


この時期には、日高市商工会および日高市観光協会主催の「曼珠沙華まつり」が催され、郷土物産品の販売はもちろんのこと、ステージでのバンドやダンス,阿波踊りなどのショーも行われます。
商工会の方にお話を聞くと、訪れる観光客は年々増加しているそうで、訪れた皆様に楽しみながら日高市を知ってもらおうと、毎年試行錯誤を重ねているそうです。

開花状況など、詳しい情報は巾着田公式サイトをご覧ください。


※当ページは2009年に作成したものです。