古代蓮の里 in 行田市








古代蓮だけでなく世界の蓮もあります


偶然、公共施設の建設工事の際に出土した種子が自然発芽して甦り、開花した行田蓮(古代蓮)は、約1,400〜3,000年前の蓮であると言われており、行田市指定天然記念物になっています。

その古代蓮をはじめ、41種類・約10万株の花蓮が、ここ古代蓮の里にあります。

蓮の開花時期は、6月中旬から8月中旬。
蓮池一面に、ピンク色の花が咲き乱れます。

蓮の花は、朝早く咲き始めて昼頃には閉じてしまいます。
それを3日間繰り返し、4日目の午後に散ってしまいます。
そのため、蓮の咲く瞬間を見ようと、開花時期には、朝早くから多くの方が訪れます。

園内には、120インチ3画面大スクリーンシアターのある古代蓮会館や、高さ50mの360度大パノラマ展望室もありますので、お時間のある方はこちらにも足を運んでみてはいかがでしょうか。

見頃の時期には、模擬店もでています。
ここでぜひ食べていただきたいのが、埼玉B級グルメの代表格である行田名物『フライ』と『ゼリーフライ』です。
『フライ』は、水で溶いた小麦粉にネギや肉などの具を入れて鉄板で薄く焼き上げた食べ物。昭和初期の足袋工場で働く女性工員のおやつとして人気だったとか。
『ゼリーフライ』は、おからにジャガイモや野菜を混ぜたものを、パン粉につけずに油で揚げ、ソースにくぐらせた食べ物。日露戦争時に、中国人から教わった野菜饅頭をアレンジしたものと言われています。
園内を歩いて、ちょっとお腹がすいたと言う時にはもってこいです。


※当ページは2009年に作成したものです。