脚折雨乞行事2008 in 鶴ヶ島市


7/26 龍蛇の製作風景






国道を横断する龍神

江戸時代から伝わる降雨祈願で、雷電池のほとりにある脚折雷電社の前で雨乞いを祈願すると必ず雨が降ったと記録されています。 しかし、ある時、この池を縮めて田としてしまったため、雷電池に住んでいた大蛇が群馬県板倉にある雷電の池に移ってしまい、 雨が降らなくなり、干ばつが続いたそうです。
明治7年、干ばつに困った脚折の村人が板倉雷電社に行き、神官に一晩中降雨を祈願してもらい、池の水を竹筒に入れて持ち帰りました。 その水が脚折の雷電社に到着したとたん、雲が出て、まもなく雨が降ったとされています。
それ以降、明治10年,明治26年,明治27年,昭和4年,昭和7年,昭和8年,昭和9年,昭和22年,昭和24年,昭和39年と雨乞いが行われていました。しかし、昭和39年を最後に途絶えてしまいました。
この伝統ある行事を何とか復活させようと、脚折の住民が「脚折雨乞行事保存会」を結成し、昭和51年に脚折雨乞として復活させたのです。
現在では、国選択無形民俗文化財・鶴ヶ島市指定無形文化財に指定され、鶴ヶ島市最大の行事として、四年に一度、オリンピックのある年に行われています。

雨乞行事は、竹と麦わらで作られた長さ36m,重さ約3tの「龍神」を300人ほどの男衆が白鬚神社から雷電池までの約2kmを担いで練り歩き、最後に雷電池に入って、龍神を昇天させるものです。

平成20年8月3日快晴・猛暑。この日は絶好の雨乞行事日和。
そんな猛暑でも、四年に一度の行事とあって、早くから大勢の人が見に来られていました。
間近で見る龍神はもとより、36mの龍神と300人の担ぎ手,そしてそれに群がる人々が一つの塊となって移動していく様こそが圧巻です。
まだご覧になったことがない方は、次回ぜひ。
ちなみに、メインとなる雷電池への入水は、ちょっと遅れると人だかりで見れなくなってしまいますのでご注意を。

脚折雨乞行事保存会の会長いわく、「脚折雨乞行事はお祭りではなく由緒ある行事として受け継がれてきた、恐らく現在では世界最大級の雨乞行事です。鶴ヶ島が全国に誇る行事です。脚折周辺も他所から移ってきた方が多くなり、担ぎ手を集めるのも段々難しくなってきていますが、これから先も絶やすことなく若い人達に受け継いでいってもらいたいです。」
その思いは、きっと、ミニ龍蛇を担いだ子供達に伝わっていることでしょう。

最後に。梅雨明け後、ずっと晴天が続いていましたが、雨乞の翌日の午後、突然の雷雨がありました。


脚折雨乞行事の様子は、地域文化資産ポータルでを見ることができます。